本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ボッチォ」で一日を締める。

とある日曜日。

とにかくなんかいい感じの雑貨が欲しい!
とミナミを自転車で走り回っていたが、気に入った物が見つからず、
がっかりしながら長堀通を走りながら、せめて晩飯は満足いくものが食いたい!
ということで、
長堀橋駅近くのお気に入りのイタリアン、
「ボッチォ」へ行くことにした。

ボッチォ201104チーズ
この界隈はオフィス街なのでそもそも店が開いていること自体が少ないうえ、
日曜日の夜は人通りが少なく必然的に飲食店には客が少ないことが多いのだけれど、
ボッチォはほぼ満席だった。

予約なしでもなんとか席に座ることができたが、
俺達で店内は満席になった。

とりあえずクリーミィで味わい深いチーズとワインとで、次の料理が来るのを待つ。

ボッチォ201104海鮮パン粉焼きサラダ
海鮮パン粉焼きサラダ。
ホタテやイカ、オレンジやパプリカなど。

ボリュームしっかり。

ボッチォ201104キノコと牡蠣とカラスミのタヤリン
牡蠣とからすみに、細いパスタのタヤリン。あと、写真を見るとなんか細長いものがあるな…これなんやったかな…ふきだったか??

ぷりぷりジューシィな牡蠣と、からすみの味わいが良い。
ボッチォのパスタ、旨いなあ。

ボッチォ201104米沢豚グリル
米沢豚のグリル。

骨付きどかっと米沢豚と、付け合わせのどかっとポテト、パプリカ。

米沢豚って結構好き。豚肉の中ではかなり上位かもしれん。
もっともこの時そこそこ腹がふくれていたので、最後の方で脂に疲れ気味だったけれど。

値段は、忘れたけどグラスワイン4杯くらいと以上の料理で12000円くらいだったかな。

相変わらず安定して美味しい。
コスパも悪くない。
俺達が飯を食い終える頃に団体客が来ており、夜遅くまで開いているので使い勝手も良い。

うん、やっぱりいい店やわ。

1週間の最後を満足して締められて良かった、良かった。


→参考記事


スポンサーサイト
  1. 2011/05/18(水) 09:40:53|
  2. ボッチォ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南船場でイタリアン・ディナー。

ひっさしぶりの、ボッチォ

アンティークのテーブルとチェアが並ぶ、雰囲気の良い店内。
テーブルやチェアはよく見てみると、どれも違う種類で、店内を見回すのも楽しい。

ボッチオ201001チーズ
プロなんとか…チーズを、パンに載せたもの。

チーズが、むっちりしていてクリーミィ。


ボッチオ201001温野菜とシーフードバーニャカウダーソース
温野菜とシーフード、バーニャカウダーソース。


トマト、ヤングコーン、エンドウ、イタリアのブロッコリの原種ロマネスコ、タコ、ホタテ、海老など。

野菜もシーフードも新鮮。
アンチョビやオリーブオイル、ガーリックなどからなるバーニャカウダーソースがよく絡んで、うんまい。

ボッチオ201001イカスミタリアテッレ
イカスミを練りこんだタリアテッレ。
赤座海老とホタテ、トマト。
に、海老の殻を使ったアメリケーヌソース。

海老の香りがたっぷり。
イカスミの香りも良く、やや塩分は濃いが、美味。

ボッチオ201001庄内豚グリル
骨付き庄内豚のグリル。

ここのメインはいつもボリューム満点。
歯ごたえがあるがかたくはなく、味わい深い庄内豚。
脂もジューシィで、やや脂っこい感はあるけれど、うんまかった。


以上と、グラスワイン×2、ガス入りミネラルウォーターで、二人で10200円。


相変わらずがっつりでコストパフォーマンスも良い。

満足でした。


→前回記事
  1. 2010/02/10(水) 00:01:52|
  2. ボッチォ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

南船場のゆったりイタリアン「ボッチォ」

南船場、長堀橋駅のほど近く。
とあるビルの2Fに、旨いイタリアンの店がある。
「ボッチォ」だ。

久々の再訪。
店内は相変わらず満席で、賑わっていた。

この夜はお腹がさほど空いていなかったので、メインを止めて代わりにパスタ二品を注文することにした。
080830_182406.jpg
まずはカチョカバロ。

巾着型のチーズ、カチョカバロの上表面と下表面をカリッと焼いて、バケットにのせたもの。

外側はカリカリ、中身はチーズの脂とうま味がじゅわっと。
マイルドで美味。下のパンはいらないかな。

080830_183344.jpg
生ハムとサラミ、ラルド等の盛り合わせ。

6種類くらいの生ハムとサラミ。
いろんな味を楽しみながらワインをぐびぐび。

080830_190030.jpg
にこごりみたいなジュレと、キュウリ、水ナス、枝豆、トマト、タコにナスのピューレを和えたもの。

円柱型。
見るからに爽やかな色。
味も爽やかで、キュウリ、水ナス、トマトの水分の多い夏野菜に、にこごりジュレによってコクが追加されている。
ナスのピューレはほのかな酸味があって、更にさわやかさをアップさせている。
タコはおおぶりでぷりぷり。

080830_192849.jpg
取り分け後の、イカスミのタリアテッレ。フレッシュトマトベースのパスタ。

イカスミを練りこんだ手打ちパスタ、タリアテッレはイカスミのうま味だけではなく、墨のような香りを感じる。
コシはあまりなくてふにゃっとしていたけど美味。秋刀魚の磯っぽい癖がよく合っていた。

080830_195306.jpg
ラストはトマトソースのスパゲッティ。具材は万願寺唐辛子とスモークチキン。

スモークチキンを使うのが珍しい。相性は、まあまあ。
しかしばっちり乳化したソースが美味しくて、まろやかだった。

以上とグラスワイン×4で、11500円。

奥さんが一人で料理している割にはそんなに待たされた印象はなく、まあ待たされてもゆったり落ち着いた雰囲気があるので俺には問題なかった。

どの料理も安定して美味しいし、雰囲気も良いしお気に入りのイタリアンの一つだ。


→参考記事
  1. 2008/09/14(日) 18:39:31|
  2. ボッチォ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。