本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飛び込みランデヴー

ある土曜日、夜の9時頃、飛び込みで西天満公園の西側にあるビストロ、
ランデヴー・デ・ザミへ。

かろうじて空いていた1卓に滑り込み、がっつり料理を注文した。

接客が一人だけで、未だ入って間がないのか、対応、料理等が運ばれてくる時間が遅め。
厨房が席から遠いのも原因かな。

ランデブー201003鯖マリネととり貝
鯖のマリネととり貝のサラダ。

脂がしっかりのった新鮮な鯖がたっぷり。
とり貝はこりっこり。

ランデブー201003和牛とインカテリーヌ
和牛とインカの目覚めのテリーヌ。

インカの目覚めはあまーいジャガイモ。
ボリューム多い。
牛肉と、インカの目覚めの甘さがマッチしていて、うんまい。

ランデブー201003手長エビとうずら
手長エビと、うずらまるごと一匹。
に、アメリケーヌソース。

手長エビとうずらという、なかなか異色な組み合わせ。
エビの殻を使ったアメリケーヌソースにはバターがしっかり混ざっていて、手長エビにもうずらにもマッチしていた。
うずらは、打力抜群で身が引き締まっていて、かなり旨かった。

ランデブー201003ガトーショコラその他
そしてデザート!!

ガトーショコラとバナナの生チョコ、ヌガーグラッセ、イチゴとラズベリーソース。

いやー、ヌガーグラッセと生チョコが濃厚で味わい深く、たまらん。

ランデブー201003ミルフィーユ
そして、ミルフィーユ!!!

うずたかいミルフィーユ!
一枚一枚の生地が香りよくて、生クリームとイチゴラズベリーの味と混ざり合って、ほんまに美味しい!!


以上とグラスワイン×4とコーヒー×2で、12300円くらい。

相変わらずコスパ良くって、大満足。

料理の出てくる時間や注文をとる時間がちょっと遅いのが問題。
まあランデヴーでご飯食べる時は、ゆっくり時間が取れるときやね。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/24(水) 22:22:18|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ランデヴー」で心も体も満足。

週末の夜にランデブーのディナーへ。

週末なので、満席。
前日とはいえ、予約しておいて良かった。

厨房にスタッフが一人入ったらしく、
料理の出るタイミングは少しマシになっていたな。

ランデブー ホタテラタトゥイユ
ホタテのソテーとラタトゥイユ。

ホタテは外は香ばしく、中は半生でむっちり。


次に牛テールとフォアグラのテリーヌを注文したんだけど、
写真が紛失してしまった。
ぷるぷるでコリコリした触感で、コラーゲンたっぷりだった。

ランデブー 米沢豚グリル
メインは、米沢豚のグリル。

米沢牛は行っているけど、米沢豚は知らなかった。
まるでマンゴーのように賽の目状に切り目を入れられて、
どーんと登場。

すんごいボリューム。

しかも、火入れも抜群で、
味わい良く、
特に脂身が美味で、脂身率は高いのだけれど、すっとお腹に入っていく。

旨っ!!
付け合わせの野菜も旨かった。


ランデブーミルフィーユ
そして、デザートにミルフィーユ!!

生地はうっすいけれど、口に入れてパリッと噛むと、
確実にバターの豊潤な香りが鼻を通ってくる。
生地の一枚一枚の味がしっかりしていて、
あまーいクリームとストロベリーソースと相俟って、
ほんまにたまらん美味しさ。

俺が今までで食べたミルフィーユの中で、一番旨いわ。


あとデザートもう一品と、
フランスのフルーツビール、グラスワイン×2で12000円ほど。
安いし、ほんまに旨いわー。

しかも、このときもう出産間近だった奥さんの接客もかなり良い。
旦那さんのシェフも人当たりが良い。

お二人と話していると、お互いの顔を見なが楽しそうに話していて、ほんとにいい夫婦なんだな、と、ほっこり温かい気持ちになれた。

いいお店だわ。
  1. 2009/07/01(水) 23:12:37|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりのランデヴー

久しぶりのランデヴー

先日は予約に失敗してしまったが、この日はすんなり予約に成功。
週末は、ランチは混んでいるがディナーはそうでもないらしく、結構すんなり入店できるらしい。

接客の女性は久し振りの再訪でも名前と顔を覚えていてくれていて、相変わらず愛想良く出迎えてくれた。

090131_183734.jpg
ブーダンブランのサラダ。

ブーダンブランは白いソーセージみたいな感じ。
鶏の胸肉で作ってある。

なんというか、ハンペンに近いようなふわっとした触感で、珍しい。
そんな触感なのに、味は鶏のしっかりとした味が感じられて、これは、なかなか面白いな。

090131_190553.jpg
タラの白子のポワレ。

メニューにはアメリケーヌソースと書かれてあったような気がしたけど…まあいいか。

大きな二つの白子と、
小さい玉ねぎと芽キャベツ、ジャガイモ、アスパラ、キャベツなどの、たくさんの野菜。
白子のとろっとして舌ざわりとまろやかさを楽しんだ。

090131_193208.jpg
子鳩のロティ。写真のものはとりわけ後。
足の生々しさが際立っている。

が、久し振りの鳩なんで、期待しながら食べる。

フォークを入れると、思わず声をあげてしまうくらいの、鮮やかな赤い身が目に入る。
外側の表面はパリッとしているが、中身はかなりのレアだ。
鳩の強い味ががつん、と感じられた。

090131_195941.jpg
ミルフィーユ。

乱雑に盛られているが、色合いもバランスも絶妙で、美しい。

パイ生地がすごくうすーくて、パリパリの触感からバターのしっかりとした甘い香りがふわっと感じられる。パイ生地が特に旨いなー。


あともう一品デザートを食べて、ワインを3,4杯ほど飲んで、いくらだったかなー。12000円くらいだったかな…


相変わらず満足度の高いビストロだ。
どれも美味しくって、ボリュームもある。
接客も良いし、まだ週末の夜でも行けるし、いい店だ。
  1. 2009/02/19(木) 21:46:02|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ランデブー・デ・ザミ」のがっつりフレンチディナー

西天満公園周りに新登場のフレンチ、
「ランデヴー・デ・ザミ」
は前回ランチに行って美味しかったので、早速ディナーへ再訪することにした。

当日は週末の夜にも関わらず、店内の客は少なめでゆったり。

もっとも、早くも雑誌に載ってしまったみたいで、きっとこの店も予約がとれなくなるだろうなあ。

ちなみに、同じく西天満公園周りにあるイタリアン、「トレ・ルマーケ」はこの週と前の週は予約をフラれてしまったし、もう少し南に行ったところにある中華、「香菜」も予約をフラれてしまった。
はー、リーズナブルで旨い店ってすぐに予約を取りにくい店になっちゃうんだよなあ……

メニューを手に取ると、なかなか魅力的な料理の名前が並ぶ。
見るからに旨そうだ。

ワインは、ボトルの他に、グラスワインが飲めるワインはデカンタが用意してある。しかもデカンタはグラスよりもやや割安。
飲む種類や量を調整しやすいこのシステムは客にとってはありがたい配慮。

注文する前から好感触だ。
081018_183306.jpg
最初に頼んだのはウニのオムレツ。

ふわっとオムレツにバターの香りが豊かなソース、セップ茸ときのこのフリカッセ、そしてしっかりウニ。
1380円という値段からは信じられないくらいのボリューム!!
オムレツのふわとろさが鮮度を保っている間にやや急ぎ目で食する。
がっつり旨い。

081018_184827.jpg
黒毛和牛トリップと自家製ソーシソンのグラタン仕立て。

アツアツグラタン器に、自家製ソーセージやトリッパがごろごろ。
ジャガイモやらブロッコリやらもごろごろ。
これも凄いボリューム!!むしろちょっと多すぎるのでは!?
味はわかりやすく旨い。

081018_191526.jpg
ボリュームがしっかりすぎて三皿目で早くも料理はラスト。
釧路産小鹿のくるみパン粉焼き。

小鹿なので癖は少なく、身は柔らかくて優しい味。
火入ればっちりで、かなり美味しい。
くるみのカリっとした触感も良い。
かなあり美味しかったので、前の二皿で結構お腹が膨れ始めていたんだけど、ぺろっと食べてしまった。

081018_194251.jpg
デザートは生チョコレートと、凍らせたバナナチップと、ドライフルーツのケーキ。
紅茶、コーヒーと一緒に。
デザートも他の料理と同じくオーソドックスながら丁寧でおいしい。


以上とデカンタのグラスワインと、もう一杯赤のグラスワインとで10500円くらいだった。
なんていうコストパフォーマンスの高さ!!!!
でもボリュームの多さはシェフがまだ様子を見ている段階らしく、今後はもう少し抑えめになるかもらしい。

料理はオーソドックスながら、ボリューム多くてわかりやすく美味しい組み合わせながっつり系。
でもそれでいて結構丁寧で、満足度が高い。しかも安いし。
奥様の接客もいい感じで、かなりお気に入りのビストロになりそうだ


→参考記事
  1. 2008/10/28(火) 23:49:43|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西天満公園近くに待望のフレンチ「ランデヴー・デ・ザミ」

ランデヴー デ ザミ
つい一週間ほど前、西天満公園の西側に、一軒のビストロができた。

「ランデヴー・デ・ザミ」だ。

すっきりしたカジュアルな店内。
20席ないくらいかな。

まだオープンして間もないのに、ランチは既にほぼ満席状態だった。

ランチは2300円で、スープ、前菜二品から選んで、メインは三種類から選び、デザート、珈琲がつく。

ランデヴー ニンジンポタージュ
スープは人参のポタージュ。

人参の甘さが強く引き立っていて、飲んだ後もしばらく口の中に余韻が残る。

ランデヴー パテ
前菜はパテ・ド・カンパーニュをチョイス。

パテはかなり大きくて、思わず歓声をあげてしまうほど。夜の一品分はあるボリューム。
触感は柔らかくてじゅくっとしていて、俺がよく食べるパテとは違う触感。
美味しいのだけれど、かなり大きいので、最後の三口ほど残してしまった

ランデヴー 魚メイン1
魚のメインは鯛のポワレで、クリュスタッセソース。

クリュスタッセソースは海老の殻から出る出汁で作ったソース。それにバジルの香りとマスタードの刺激がアクセントをつけている。
甲殻類の甘くてコクのあるだしがよく効いていて、美味しい。
鯛は皮がパリパリで、肉厚でボリュームしっかり。

ランデヴー デザート
デザートはオレンジのコンポート、ドライフルーツのケーキ、濃厚チョコレート。

どれもシンプルながら丁寧。


全体的にボリュームがあって味が濃ゆくてがっつりフレンチだけど、丁寧で安定して美味しい。
これは夜も楽しみだ。

それにしても、西天満公園周りは良質な店が多いな。


「ランデヴー・デ・ザミ」
大阪市北区西天満5丁目10-16 植月ビル1F
TEL 06-6362-1575
  1. 2008/10/06(月) 22:19:51|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。