本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なんこめイタリアン「LA FOGLIA del sole ラ フォッリア デル ソーレ」

なんばこめじるしにあるイタリアン、
「LA FOGLIA del sole ラ フォッリア デル ソーレ」
には前から興味を持っていたので、一度行ってみることに。

結構人気で、すぐに店内はいっぱい。
週末は当日でもいいから予約が必要かも。

店内は薄暗くて、カジュアル。客層も場所柄か若くてデニム主体のカジュアル。
接客は元気だけど丁寧。好感がもてる。

一人3150円のペアコースを注文した。

080823_181203.jpg
前菜盛り合わせ。

砂ずりのガーリックオイル煮、ラタトゥイユ、生ハム、卵焼き、パン。
ボリュームしっかりで、ペアコースってしょぼい店が多いので好感触。

080823_183223.jpg
ハムと温泉卵のサラダ。

こちらもしっかりボリューム。
二皿で意外とお腹が落ち着いた。

080823_184844.jpg
ペスカトーレ。

アサリ、ホタテ、海老、タコなど小ぶりながら具がかなり沢山。パスタも量多い。
パスタはリングイネで、魚介の出汁がよく利いたトマトソースがよく絡んでいた。

080823_190124.jpg
メインはなんだったか豚肉のグリル。

肉は大きすぎないのでなんとか食べ切れた。
味は普通に旨い。

080823_192026.jpg
デザートは何種類から選べるんだけどチーズケーキを頼んだ。


以上に、ぐるなびのクーポンでついてくるグラスワイン×2と赤のグラスワイン×1で、二人で7000円くらい。
料理はオーソドックスだけど、このボリュームでこの値段はかなりコストパフォーマンス高い。
立地は良いし、下手な居酒屋行くならここだな。


→HP
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 23:19:36|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淀屋橋odonaのブランジェリー・ダイニング「アド・パンデュース」

080809_115544.jpg
本町のブランジェリー、パンデュースのダイニングが淀屋橋odonaにできた。
「add PAINDUCE アド パンデュース」だ。

入口はodonaの屋外から。
店内はガラス窓からたくさんの光が入ってきて、爽やかなカフェって感じ。

日曜の12時ちょっと前に入ったんだけど、ランチの客は多くてすぐに満席になった。

080809_120917.jpg
ランチは、せっかくだからパンがメインのランチを食べたかったので、リュスティックのバターサンド 850円を頼んだ。

えんどう豆の冷たいスープ、ポテトサラダにバターサンドのワンプレートランチ。
えんどう豆のスープは丁寧で美味しい。しかし、このボリュームはちょっと少ない気がする…。
バターが品薄のこのご時世に厚めのやつが二枚入っていてそこは贅沢なんだけど、俺にはちょっとバターが多すぎて最後の方はしんどくなってしまった。
パンは表面はパリッとしていて、中はもちっとしていて美味しいんだけど、やっぱりちょっとボリュームが寂しいなあ。

080809_120720.jpg
連れのパスタランチはパスタは悪くなくて、付いてくるフォカッチャが結構大きくて美味しかったので、そっちにしとけばよかったなあ。

あ、帰りに買ったチョコクロワッサンはかなり美味しかったです。


→HP

  1. 2008/08/30(土) 09:45:59|
  2. 淀屋橋・北浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪駅前ビルのつけ麺専門店「鴨しん」

鴨しん
大阪駅前第3ビル1階に、最近つけ麺の専門店ができた。
「つけ鴨 鴨しん」だ。

旭区にある同店の支店らしい。
オープンした日からその存在は知っていたが、つけ麺の麺がうどんと蕎麦とラーメン、と三種類あるらしく、そんな異なる三種類の麺を用意するなんて、こだわりがないような気がする…と正直怪しんでいて入店するのをためらっていた。

しかし、意外と客で混み合っているので、入店してみることにした。
扉のない、入りやすい入口。カウンターのみの細長い店内だが、コの字になっているので結構席数は多い。

鴨しん つけうどん
メニューは鴨肉が入ったつけ汁のつけ麺のみ。麺は先述のように三種類から選ぶ。
どれがオススメですか?と尋ねると、うどんがオススメで、一番人気はラーメンらしい。
とりあえず、つけ鴨うどん(並600円)を頼むことに。

どんな大きな顔の人でも入り切るくらいの大きな器にうどんが入って登場。
並でも、結構ボリュームがある。
つけ汁は出汁がよく出ていて、鴨肉に合わせて少し甘め。
鴨肉はしっかり入っている。
麺はちゃんとコシがある。
おお、意外と旨い。

値段は高くないし、リピートできる店だ。
次は一番人気のラーメンかな。
  1. 2008/08/27(水) 23:03:41|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名古屋その他

喫茶マウンテン
名古屋の名物喫茶店、
「喫茶マウンテン」へ登頂した。

味噌煮込みスパ
この店は数百種類に及ぶ豊富な、奇抜なメニュー、ボリュームの多さで有名。
かき氷なんて、顔が余裕で隠れるくらいだからね。

写真は味噌煮込みスパゲティ。
味は予想通り。しかし、スパゲティよりもうどんの方が美味しいだろうな…

抹茶小倉スパ
甘口抹茶小倉スパゲティ。

ジャンケンに負けた連れに注文させた品だ。
太めなスパゲッティに、抹茶のソースが色を変えるくらいに絡みこんでいる。
アツアツでもそもそして、鼻をねっとりと香る抹茶のスパゲッティに、その熱で溶け気味な生クリームが脂を分離させながらねっとりと絡む。あんこもたっぷりで、これは……凄い。

スパゲッティを絡めるフォークが、全然進まない……
四人で分けて食べたにも関わらず、即効に途中下山してしまった

しら河弁当
名古屋帰りに電車で食べたのは、ひつまぶしで有名な「しら河」の弁当。

皮がカリカリでたれもまあ旨いけど、身はまあ普通。
本店で出す鰻とは違う鰻なのかな。1600円くらいの値段はちょっと高い気がした。
  1. 2008/08/26(火) 00:37:57|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「やまちゃん」の病みつき手羽先

やまちゃん
以前名古屋に行った時、手羽先を食べられなかったので、一度行ってみたいと連れ達に駄々をこねて、
「世界のやまちゃん」へ。

やまちゃんって支店が沢山あるんだな。
名古屋の連れの自宅の最寄りのやまちゃんへ行った。
平日の夜でも、店内は満席。皆手羽先を右手、ビールを左手に宴会に興じていた。

手羽先はお店の名物なんだろうけど、その他にも色々メニューがある。基本普通の居酒屋って感じ。もっとも、メニューは驚くほどに茶色い。肉とか味噌系のメニューが多いのだ。野菜系はキュウリとかサラダくらい。

やまちゃんうずら
味噌うずら卵フライ。

うずらのぷちっとした触感と黄身、味噌の甘さが病みつきになる味。旨かったので二皿食べた。

やまちゃんみそかつ
味噌串カツ。

やまちゃんどてやき
どて煮。

豚のホルモンのどて煮。
やっぱり味噌系の料理が多い。

やまちゃん手羽先
で、手羽先。

外はカリカリ、タレは甘辛。
黒胡椒がふんだんにかかっていて、病みつきになる味。
ビールが、進む進む。

正直、これとビールだけをずっと食べ飲みしていたい。


→HP
  1. 2008/08/25(月) 00:37:11|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大須のピッツェリア「チェザリ」

チェザリ
先日、名古屋に行ってきた時の話。

多国籍な町、大須界隈をぐるぐる廻っていると、イタリア国旗のたもとに、一軒のピッツェリアがある。
ナポリピッツァ協会認定のピッツェリア、
「Pizzeria CESARI!!(ピッツェリア チェザリ!!)」だ。

外からは青色のピッツァ窯が見えていて、入口に入ってすぐと二階にはテラス席が見える。
席数は多く、開放感のあるオオバコな店だ。

セルフサービスでピッツァとドリンクがついて600円のランチはリーズナブルで魅力的だったけど、夜と同じピッツァが食べたかったので、ピッツァランチ(1200円)を注文した。

チェザリ前菜
ミニ前菜。

サラダと、生ハム、ハマチのカルパッチョ、ラザニア。

チェザリピッツァ
水牛モッツァレラを使ったマルゲリータ・エクストラ(ランチ価格に+300円)。

水牛モッツァレラとトマトソースとプチトマト、バジルのシンプルなピッツァ。
とろとろモッツァレラが固くなるとクリーミィさが損なわれるので、アツアツの内にほうばる。
もちもちでクリーミィでトマトとバジルの香りも良い。うん、美味しい。

ちなみに、写真は撮っていないんだけど、連れが頼んだピッツァチェザリ(+400円。ポルチーニのピッツァ。)がポルチーニの味、香りがよくって一番美味で、連れ達の中でも一番人気だった。

チェザリデザート
プディングとエスプレッソで締め。

ピッツァはさすがに美味しかった。
店内はオオバコでガヤガヤとしていて雰囲気良く、夜も行ってみたい。

→HP
  1. 2008/08/24(日) 13:13:49|
  2. 名古屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケウチランチ

うつぼ公園のパンの美味しい店、
「ブランジュリ タケウチ」 →参考記事
のテイクアウトは日曜は休みだけど、カフェの方は開いている。

一歩ごとにキシ、キシときしむ音を立てながら木の急な階段を上がって、三階のカフェへ、11時半くらいの早めのランチ。

タケウチ
クロックムッシュに目玉焼きがのった、クロックムッシュマダムを注文した。

カリッカリのフランスパンで、ハム、ホワイトソースを挟む。
上にはたっぷりチーズ。
タケウチのパンはやっぱりうまいなー。
手をべとべとさせながら食べた。

タケウチデザート
デザートに、バナナミルフィーユを追加。
キャラメリゼしたバナナにカスタードをパリパリカリカリのパイ生地で挟む。
こやつもうまーい。

大満足だ。
  1. 2008/08/21(木) 19:52:19|
  2. 肥後橋~うつぼ公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北野のコスパ良いフレンチ「ルセット」

080720_150413.jpg
うだるような暑さの中、じりじりと肌を焼く日差しの強さを感じながら、北野坂をひた歩く。
三宮から徒歩10分。
脇汗がじわっと滲んできてそろそろ限界、と思った頃になんとか目的地に到着した。
「ルセット」 だ。

3000円のランチを注文した。

080720_131546.jpg
アミューズはオマールエビのクロケット。

クロケットはコロッケのこと。
上品なタルタルソースとオリーブオイルと。
中身はねっとりクリームソース。

080720_132834.jpg
前菜に、魚介と野菜のサラダ。

ホタテ、しらす海老、イカ、明石蛸、ハマチなど。盛りだくさん。
塩気はしっかり。
蛸は新鮮だった。

080720_134613.jpg
白桃の冷製スープ。

ピンクのスープの上に白桃が浮いており、一見デザートみたいなんだけど、甘さは意外と控えめ。

080720_141204.jpg
シャラン鴨のロティ。甘い7種類のスパイスソースと。

肉は固くはない。
鴨の個性はしっかり。まあ美味しい。
ヤングコーン、山芋、ニンジン、エンドウなどが添えられて、野菜が多いのが良い。

080720_143719.jpg
デザートは季節のフルーツのクレープ。とチョコレートのスティックと。
上にはマンゴーとマンゴーアイス、中にはカスタード、パイナップル、キウイ。

夏っぽいフルーツのさわやかさに甘さしっかりなクレープだ。

080720_144438.jpg
締めの珈琲にはプティフールがついてくる。

小さいナッツ入りチョコレートケーキと、フランボワーズマカロン。
ちょっとでも、プティフールがついてくるのは満足感が高い。


全体的にクラシカル。素材はまあまあ。夜はまた違うんかな。

アミューズからプティフールまでしっかりした構成で、この内容で3000円はなかなかコスパ高い。

→HP
  1. 2008/08/18(月) 21:56:52|
  2. 神戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素材重視の優しいイタリアン「ラピ」

本町から10分ほど西へ歩き、うつぼ公園の近くのイタリアン、
「ラピ」 (→参考記事
のディナーへ久し振りに行った。

未だに人気は健在らしく、予約で席は埋まっていた。

080726_182155.jpg
これを見ると毎回反射的に注文してしまう。
肉詰めオリーブのフリット。

この店に来るまでに暑さにやられていたので、これとビールで上機嫌。


080726_182633.jpg
水牛モッツァレラチーズとフルーツトマトに、桃のカプレーゼ。

水牛モッツァレラは歯触りが心地良い、やさしい弾力。噛み切ると舌にじわっと、みずみずしいけど濃厚クリーミィな味が口内に広がってくる。
トマトも瑞々しくて濃厚。口の中で反芻したくなるほどの愛しい甘さ。
ナスも瑞々しくて、澄んだ味。

080726_183812.jpg
馬肉のカルパッチョ。

インゲンとトマトとあまーい桃。桃が、本当に甘い。一口食べるたびに甘っ!旨っ!て声を発してしまうくらい。
脂は控えめな馬肉。独特の臭みはパルメザンチーズで緩和されていた。


080726_185547.jpg
うにと黄色トマトのスパゲッティ。

黄色のトマトの酸味と甘み、うにの濃厚さを味わうシンプルなパスタだ。

080726_190857.jpg
煮詰めた玉ねぎを入れたラビオリ。

餃子みたいな形状のラビオリだ。
どれだけ時間をかけたんだろう、手間を考えるとぞっとするほどに赤茶色に煮詰まった玉ねぎは予想をはるかに超えるほどに甘い。


080726_192244.jpg
子羊とガルガネッリ。

ガルガネッリとはねじれているショートパスタ。
手打ちかな?もちっとしている。
丁寧な味つけなんだけど、子羊の癖と、野生のルッコラにワイルドさを感じた。


以上とビール×1、グラスワイン×2で11000円を少し越えるくらい。

相変わらず素材が良く、素材を活かした丁寧な料理はどれもおいしい。
接客は賛否両論みたいだけど、美味しいから俺はまた行くだろうなあ。
  1. 2008/08/15(金) 20:20:47|
  2. ラピ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:5

西天満の旨いトラットリア「タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ」

西天満のがっつり美味しいイタリアンといえば、
「トレ・ルマーケ」だ。
→参考記事

ホールのスタッフが増えていて、少し接客は落ち着いた様子。
さすがに二人ではきついよね。

080802_182608.jpg
まずはいつも通りオリーブの肉詰めフリット。

これは初めて行った時からメニューにない時以外は頼まなかったことはない。
ジューシィなオリーブに、ジューシィなひき肉。
食欲が湧く湧く。

080802_183006.jpg
タラとジャガイモペーストのブルスケッタ。

タラの癖と瑞々しいオリーブの香りがよくマッチしている。

080802_184014.jpg
牡蠣のタリアータ。

でっかい岩牡蠣の中に、切り分けた牡蠣の身と、モロヘイヤ、それに海藻の泡。
モロヘイヤのとろとろと、海藻の磯の香りのするふわっとした泡で牡蠣を食する。
磯の味満載だ。

080802_185453.jpg
カラスミと万願寺唐辛子に、ハモのどろどろペーストソースのリングイネ。

ハモは美味しいと思うんだけど、どろどろしていて触感がないのはちょっと微妙な気がする。
リングイネはアツアツでしっかりアルデンテだし、ソースはまろやかでカラスミたっぷりだし旨いのは旨いんだけどね。
ボリュームは二人前くらいあるんじゃないか?というくらい多め。

080802_191112.jpg
子羊背中肉のアッロースト。

アッローストは普通にローストのことらしい。
でっかい肉の塊がさらにごろごろして登場。
分厚い肉塊はいっかり日が通っているけどほんのりピンク色で、しっとり柔らかく、うま味しっかりで旨い!!
それに万願寺唐辛子とルッコラが添えられていt。

080802_195023.jpg
デザートの片方は連れが頼んだアップルマンゴーと、白ワインのジュレと、バナナとウォッカのソルベ。

さわやかで夏らしい味でした。

080802_195034.jpg
俺のは王道ティラミス。

コーヒーリキュールしっかりでマスカルポーネチーズのクリームはまろやか。
甘すぎず、酒の味が強くて大人のティラミスだ。


以上とカクテル、ビール、グラスワインで14000円弱。

今回も旨かった。満足、満足。
  1. 2008/08/12(火) 00:08:49|
  2. タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「cueのだしカレー」

CUEおでんカレー
有名フレンチ「ラ・ベカス」のまかないカレーがそごうで食べられるので、久し振りに食べに行こうと思って心斎橋のそごうの地下2階に行ってみると、催場になっていて、跡形もなくなっていた。
ちぇーっ、残念…とエスカレーターを上がってたまたま飲食店の看板を見てみると、あれっ、地下1階に移っていたんだ。
エノテカの奥の方にある、
「cue」だ。

辛さは控えめで甘めなくらい。
でも出汁が利いていて美味しい。
俺は別に辛くないカレーは駄目、とかいう趣向じゃないからね。

イカスミカレーやイカのワタカレーなども気になるけど、いつもおでんカレーを食べてしまう。
次こそは…
  1. 2008/08/11(月) 00:04:20|
  2. 南船場~心斎橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

難波の讃岐うどん「釜たけうどん」

釜たけうどんちくたま天ぶっかけ
あまり難波に来ない連れを、一度は行っておくべき、と道具屋筋の裏手ある讃岐うどんの店、
「釜たけうどん」へ連れて行くことにした。

35度の炎天下において並ぶのは地獄なので、11時半と早めの時間に行ったが、それでも店内はほぼ満席。なんとか並ばずに座れたけど。

この店に来たらやっぱり、
ちくたま天ぶっかけ。

太くてエッジのきいた麺。
つやつや、つるつるでコシがかなりしっかり。
麺もだしも旨い。

ちく天はちくわがふわっとしていて熱々で旨く、たま天も半熟で旨い。

750円で少し値段が上がったかな?
でもうんまいや。


→参考記事
  1. 2008/08/10(日) 21:02:08|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とと家の鉄火丼

まぐろ丼
久しぶりに
「とと家」
でランチ。

熱いので焼きものとか揚げ物は食べる気がしなかったので、
鉄火丼を注文した。

味は、まあまあ。
連れのほっけもそれなり。

う~ん、夜はいつも美味しいんだけどな。


夜のとと家
  1. 2008/08/06(水) 22:46:43|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅田の日曜ランチは牡丹園で。

牡丹園
夏休みに入って、普段から人が多い日曜の梅田は更に人だらけ。

こんな日に、梅田では美味しくてゆっくり食べられるランチって少ない。
しかし
「神戸元町別館牡丹園 梅田店」
は違った。

エストの上階という、違和感のある場所に、その店はある。
日曜の12時半の入店だったけど、すんなり席につけた。
いつも思うけどやっぱり場所が問題だよなあ。
エストのお客さんはあまりついでにこの店には来ないでしょう。
だからこれだけ良い立地なのに、週末の昼でもすんなり入店できる。
俺にとってはいつでも飛び込みでいけるから、便利でいいんだけどね。

2380円でミニサラダ、スープ、それに二品料理を選べてそれに焼きそばか炒飯、デザートに杏仁豆腐かマンゴープリンがついてくるランチを注文した。

牡丹園スープと八宝菜
左はスープはコーンと卵のスープ。
甘くてとろとろ。

右は八宝菜。
ボリュームは夜の料理の半分くらいみたいだ。
しかしイカ、海老、豚肉、シイタケなど具はしっかり入っていた。
美味しいけど、ちょっと脂っこい。


牡丹園焼きそばとから揚げ
奥はから揚げ。
これも少々脂っこい。でもジューシーで味付けも美味しいんだけどね。

手前は焼きそば。
ネギと麺だけのシンプルなもの。
醤油っぽいソースがねっとり絡んでいる。
一般のソース焼きそばと中華そばの間みたいな感じ。


牡丹園マンゴープリン
マンゴープリン。

ミルク多めでクリーミーなマンゴープリンだ。


夜よりもちょっと脂っこくて味が落ちるような気もするが、美味しかった。
ボリュームあって、2380円でも悪くない。
二人で行ったんだけど、これにプラス一品で取り分けるとちょうど良かった。


「神戸元町別館牡丹園 梅田店」
大阪市北区角田町3-25エストエッジビル4F
TEL06-6376-6606

参考HP
  1. 2008/08/05(火) 21:35:54|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韓国料理屋の跡地に、再び韓国料理屋。「アラマァー!」

アラマァー!
大阪駅前第三ビル地下二階の奥はひっそりしている。
第二ビルの韓国料理屋、「ベクトラジ」の支店がここにできたときは客があまり来なくて使い勝手が良かったが、いつまでもつだろうか…と不安に思っていた。

するとはたしてベクトラジはなくなり、同店の跡地に新しい店ができた。

再び韓国料理の店、
「アラマァー!」だ。

名前といい、看板のマスコットキャラ(!?)の豚といい、俺にはちょっと進んで入ろう、と思う雰囲気ではなかった。
…が、ある日外からメニューを見ていた俺に気づいた店員さんが中から出てきて、
「どうぞ!」
と感じよく入店を促したので、入ってみることにした。

アラマァ冷麺
入店時は12時前で、店内は俺達を除けば1,2組ほどしか客がいない。
ちょっと不安に思いつつ、冷麺の定食を頼んだ。

冷麺に、韓国太巻きと、前菜三種。

冷麺のだしは半分以上が凍っている。おお、これは珍しい。
触感はかき氷で、味はすっぱさとだしの味。
麺はゴムか!?というほどコシがありすぎず、結構適度な弾力。
夏のうだるような暑さを癒すには適してるかも。

ただ、結構同じ味が一辺倒で、その割にはちょっとボリュームが多かったので残してしまった;
  1. 2008/08/04(月) 00:05:55|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駅前ビルの「グリル ロン」

グリルロン
阪急三番街でいつも人気のある洋食屋、
「グリル ロン」
の支店が大阪駅前第四ビルの地下二階にできた。

先月くらいにできたばっかりなのに、古い洋食屋って雰囲気の店だ。

グリルロン停職
写真はハンバーグ、魚フライ、海老フライのセット(1000円弱)。

ハンバーグはジューシィで、フライものも普通に旨い。
オーソドックスだけど、安定感があった。
  1. 2008/08/03(日) 00:05:25|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「サロン・ド・テ・アルション」のアフタヌーンティーセット

080621_182714.jpg
ミナミでの週末の夕方。

連れが突然、アフターヌーンティーセットが食べたい!!
と言うので、おやつと晩名の兼用にアフタヌーンティーセットを食べに、
「サロン・ド・テ・アルション」
へ行くことにした。

魅惑の皿が三段。
一番下はサンドイッチ、中段はケーキとフルーツのコンポート、上段はスコーンとシフォンケーキ。

ワクワクしながら食べてみた…

サンドイッチのパンは少し乾いているような気がした。

チョコレートケーキはしっとり感がない。これは…

スコーンは割ろうとするとぼろぼろと崩れ去った。

アルション、味が変わった!?
今回はたまたま!?

これからもこのままなら、俺は困るなあ…
  1. 2008/08/02(土) 00:05:13|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大阪駅前ビルの店③駅前第二ビル・駅前第一ビル

駅前第二ビル、第一ビルと西に行くにつれて立ち飲み系の店がだんだん増えてよりディープになっていきます。


大阪駅前第二ビル

【地下1F】

「北斗星」
新しいのに古い雰囲気の洋食屋。
どの料理も安定している。
ふわとろオムライスやスープカレー、トルコライスがオススメ。

参考記事


【地下2F】

「楼蘭」
玉五郎と並んで、駅前ビルの旨いラーメン屋の一つ。
醤油、味噌、ゆず塩ラーメン、つけ麺などラーメンの種類が多いがどれも安定しておいしい。

参考記事


「名前を忘れた;パスタワンの系列のイタリアン・バル」
うーん、名前を忘れてしまった…;イタリアの国旗が店前に掲げられているのですぐに気付くと思う。
ワインが安く、料理も旨いっ!ていうほどじゃないけどボリュームもちゃんとあって悪くない。
2000円くらいからでも十分晩御飯できる。

参考記事

「ベクトラジ」
韓国料理の店。
料理の種類は少ないが、ピビンパ一品からでも食べられるので、リーズナブル。

参考記事


大阪駅前第一ビル

「ログキット」
1Fの店。
佐世保バーガーの店。
顔が隠れるくらいにでっかいハンバーガーは1000円近くするが、ボリューム抜群で味もいける。
テイクアウトしかないのが玉にキズ。
  1. 2008/08/01(金) 20:23:29|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪駅前ビルの店②駅前第三ビル

駅前ビルのまとめの続きです。


大阪駅前第三ビル

【地下1F】

「シュリ・アルナ」第四ビルと同じ店。ほぼ一緒。

「玉五郎」
ビルの奥の方にあるラーメン屋。
煮干しラーメンはこれでもかって煮干しの出汁がよく出ているんだけど、えぐみとかなくて、しつこすぎずあっさりしていて、でも出汁の強さからか味はしっかりパンチがあって、旨い。
麺も太くてちぢれていてぷりぷりで旨い。
つけ麺もボリュームあって旨くて、卵ご飯も一度は食べておきたい絶品。

参考記事

【地下2F】

「はがくれ」
大阪で一番旨い讃岐うどんの店の一つ。
しょっちゅう行列ができている。
初めて食べる人は店の人に食べ方を指南してもらうことになる。醤油は二周半だったっけか。

参考記事


「うどん棒」
香川に本店がある、讃岐うどんの店。
細めだがコシがしっかりしていて、麺自体の味もあって旨い。
出汁のよく利いたかやくご飯や上品にサクサクした天ぷらなど、サイドメニューも丁寧で美味。
こっちはあまり並ばないのでうどんを食べる時はいつもこっちに行ってしまう。

参考記事


「踊るうどん」
守口市に本店のある、讃岐うどんの店。
外はふにゃふにゃとしているのに、噛み切ろうとするとコシがあるというなかなかおもしろいコシ。

参考記事


「ネスパ」
老舗の洋食屋の支店。
コロペットという、クリームコロッケの中の濃厚なクリームが入ったフライものが名物。

参考記事


「アラマァ」
独特の名前、独特の豚キャラの看板のある韓国料理屋。同じく韓国料理屋だったベクトラジの跡地にできた店。
店構えのイメージで不安を感じるが、意外と悪くない。

参考記事


「ぶどう亭」
ステーキハウスの支店の店。
甘めのソースのハンバーグ、ロコモコなどが肉汁たっぷりでボリュームあって普通に旨い。

参考記事
  1. 2008/08/01(金) 00:10:24|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。