本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西天満ランチ②

アメリカ領事館の近くにあるワンコインうな丼の店、
「宇奈とと」
のうな丼は500円の割にはなかなかいける。
うなぎはやや小さいけど分厚めだし。
→HP


その隣のビルの地下にある喫茶店、
「留仏蘭」
はカレーやオムライス、日替わり定食が650円と西天満にしては安め。
食べたカツカレーは、まあしゃぼしゃぼで、家庭的なお味…


大阪弁護士会館からちょっと東にある焼肉屋、
「北浜ゴヘン」
は夜はA4ランクの焼肉で美味しいのかもしれないけど、
昼のハンバーグや焼肉弁当は、うーん…。
→HP


その近くにある
「はたごはん」
のうどんと丼のセットは、丁寧でまあまあ。
1000円はちょっと高いけど。
→HP
スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) 00:56:29|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西天満のランチ

西天満界隈のランチをいくつか。

Mのハンバーグランチ
大阪に結構見かける
「松坂牛焼肉 M」の西天満支店で、
980円のハンバーグランチ。

見た目にちょっと怪しんでいたけど、ハンバーグはなかなかジューシィで旨かった。
店内は照明を落としていて、個室があって落ち着いた雰囲気。
夜も悪くなさそうだ。

→HP
もりやま屋 バターシメジチキンカレー
インドカレー屋「もりやま屋」で、バターシメジチキンカレー。

こちらは大盛り。
さらっとしているけど、味わい深くて美味。
相変わらず、安心できる美味しさ。

→HP

写真はないけど、
アメリカ領事館の近くにある、おでんの店、
「でんでん」
の牡蠣釜飯の定食も、釜飯をおでんの出汁で炊いているんだけど、味はちょっと濃い目だけどまあまあ旨かった。
  1. 2009/02/24(火) 23:59:43|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「カンティプール」で宴会

カンティプール
天五中崎商店街入口を入って、大阪で一番旨いタコ焼き屋、「うまい屋」の隣を過ぎて、一つ目の角を右へ。
そこに見えてくる緑の屋根のたもとの店が、ネパール料理の店、
「カンティプール」だ。

ビニールハウスのような入口を入って、屋台風の店内へ入る。
おそらくネパール人のスタッフが店内を歩き回っていて、まるで現地の店に入ったような錯覚を覚えた。

この日は6人で入店。
本当は食べたい料理をアラカルトで頼んで行きたいんだけど、6人分を計算して注文するのは面倒臭いので、コースを注文した。

カンティプール 野菜
生野菜。
スパイスをつけて食べる。
瑞々しくて、旨い。

カンティプール ジャガイモ炒めとタンドリーチキン
アル・カウリとタンドリーチキン。

前者はジャガイモとカリフラワーのピリ辛炒め。
後者はスパイシィでジューシィ。
カンティプール 点心みたいなもの
モモ。

ネパール風餃子。というか小龍包に近い。
肉汁とスパイシィなソースが絡んでうんまい。

カンティプール チョウメン
フィッシュティカ。

魚のタンドリー焼き。
香ばしい白身魚焼き。

カンティプール 焼うどん
チョウメン。

ネパール風焼うどん。
相変わらず美味。
俺の好きな焼うどん一位の座は揺らぎそうにない。

6人で一皿を分けるので食べられる量が少なく、ちょっと物足りなかったのが残念。

カンティプール カレー
カレーと、ナン。

ベジタブルカレーやキーマカレーなど三種類のカレーと、普通のナンや胡麻のナンなど三種類のナンを食した。

どれも旨いが、やっぱりこの店のカレーはキーマカレーが出汁がよく効いていて旨い。

カンティプール デザートアンドチャイ
デザートのマンゴープリンと、チャイ。


相変わらず、どれも美味しかった。
店内の内装も、器の雰囲気も良くって、居心地も良かった。

ただ、元々ワイワイガヤガヤした雰囲気の店だけど、ちょっと騒ぎ過ぎたかな…反省。

→HP
  1. 2009/02/22(日) 17:17:03|
  2. 天満界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりのランデヴー

久しぶりのランデヴー

先日は予約に失敗してしまったが、この日はすんなり予約に成功。
週末は、ランチは混んでいるがディナーはそうでもないらしく、結構すんなり入店できるらしい。

接客の女性は久し振りの再訪でも名前と顔を覚えていてくれていて、相変わらず愛想良く出迎えてくれた。

090131_183734.jpg
ブーダンブランのサラダ。

ブーダンブランは白いソーセージみたいな感じ。
鶏の胸肉で作ってある。

なんというか、ハンペンに近いようなふわっとした触感で、珍しい。
そんな触感なのに、味は鶏のしっかりとした味が感じられて、これは、なかなか面白いな。

090131_190553.jpg
タラの白子のポワレ。

メニューにはアメリケーヌソースと書かれてあったような気がしたけど…まあいいか。

大きな二つの白子と、
小さい玉ねぎと芽キャベツ、ジャガイモ、アスパラ、キャベツなどの、たくさんの野菜。
白子のとろっとして舌ざわりとまろやかさを楽しんだ。

090131_193208.jpg
子鳩のロティ。写真のものはとりわけ後。
足の生々しさが際立っている。

が、久し振りの鳩なんで、期待しながら食べる。

フォークを入れると、思わず声をあげてしまうくらいの、鮮やかな赤い身が目に入る。
外側の表面はパリッとしているが、中身はかなりのレアだ。
鳩の強い味ががつん、と感じられた。

090131_195941.jpg
ミルフィーユ。

乱雑に盛られているが、色合いもバランスも絶妙で、美しい。

パイ生地がすごくうすーくて、パリパリの触感からバターのしっかりとした甘い香りがふわっと感じられる。パイ生地が特に旨いなー。


あともう一品デザートを食べて、ワインを3,4杯ほど飲んで、いくらだったかなー。12000円くらいだったかな…


相変わらず満足度の高いビストロだ。
どれも美味しくって、ボリュームもある。
接客も良いし、まだ週末の夜でも行けるし、いい店だ。
  1. 2009/02/19(木) 21:46:02|
  2. ランデヴー・デ・ザミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰してます

最近、忙しくて更新できていません。

近日再開いたしますので、なにとぞ、よろしくお願いします。
  1. 2009/02/19(木) 01:39:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東心斎橋のマーブルトレ「リット・マーブルトレ」

090207_180345.jpg
東心斎橋。
そごうと大丸の間の筋を、東へてくてくと歩き、しばらく歩いた後に左手へ曲る。
右手に見えてくるビルの二階にあるのが、
「リット・マーブルトレ」だ。

そういえば随分昔、ここにイタリアンがあった。
空調の効きが悪くて、夏場は汗をかきながら食事をしたっけ。

その時とはずいぶん雰囲気が変わって、ぐっと落ち着いたオシャレな内装になっていた。

でも、サグラと同様に、BGMにはアメリカのポップスが流れていて、あくまでもカジュアルだ。

090207_183029.jpg
まずはオリーブの肉詰めフリット。

肉がたっぷり入っている。
ジューシーで、他のイタリアンで食べるよりもやや重めだ。

090207_184844.jpg
スウェーデンのカブと、それをこしてプリンのように固めたもの。
それらを、バーニャカウダーソースで食べる。

カブ尽くしの料理だ。

090207_185946.jpg
チーズフォンデュを詰めたカッペレッティ。クリームソース。

中央がポコッと膨らんでいるパスタ。
膨らみの中にはチーズフォンデュが詰めてあって、濃厚なクリームソースと相俟ってさらにねっとりで濃ゆい。
それまでスパークリングワインを飲んでいたけど、思わず赤ワインを頼んでしまった。

090207_191650.jpg
サフランを練りこんだパスタの、コルツェッティ。

コルツェッティは平たくて円状のパスタ。型押しをしてある。
手打ちパスタらしく、コシがしっかり。
トマトソースがベースで、マダコの赤ワイン煮込みとルッコラがあって、組み合わせは良くって美味しいのだけれど、ちょっと塩辛かった。

090207_194020.jpg
蝦夷鹿を、クルミのバターを塗って焼いたもの。リンゴのピューレをつけて食べる。

鹿肉は分厚いけどばっちりな火入れで、かなりの美味。
クルミの植物性バターがまた良い。

090207_200815.jpg
デザートの一つは、セミフレッド。
ボリュームが多め。

090207_200834.jpg
俺のは、ゲラン塩のロールケーキ上にキャラメルアイスをのせたもの。

ロールケーキは、なかなか塩味がしっかりしていて、キャラメルアイスと食べなければ甘さよりも塩辛さが際立つ。
すべてを一緒に食べて、適度な味。


以上とグラスワイン×3、珈琲×2で15000円ほど。
値段は、まあこんなもんかな。安くはないかな。

料理は全体的にがっつりめの味で美味しい。ボリュームはやや少ないかな。

雰囲気は良く、接客も悪くない。
立地が良いし、予約も結構さくっととれたので、使い勝手はいい店です。


「リット・マーブルトレ」
大阪市中央区心斎橋1-13-20 カネコマビル2F
TEL 06-4704-5678
  1. 2009/02/12(木) 00:19:29|
  2. 南船場~心斎橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アドパンデュース」のグラタンランチ

アドパンデュースグラタンランチ前菜
淀屋橋のオドナは、駅から直結しているし、土日も空いているし結構便利。

特にアドパンデュースはパンのテイクアウトも、レストランでのランチにもよく使わせていただいている。

この日のは、パンに合うグラタンランチという、そそられるランチがあったので、そやつを注文した。

アドパンデュースグラタンランチ
熱々のグラタンは、チーズたっぷりで、肉も野菜も具沢山で、器は小さめだけど、ボリュームしっかり。
で、確かにパンに合う。

ランチは全体的にやや高い気もするが、美味しいからいいや。


→参考記事
  1. 2009/02/10(火) 00:36:59|
  2. 淀屋橋・北浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ルボア」の良質ランチ

ル・ボア 入口
北浜の平日、昼の12時台は、どの飲食店もバタバタしている。
相席も普通にあり、到底腰を落ち着けて食事できる雰囲気ではない店が多い。

どうせこの日は帰りが終電間際になるだろうし、せめて昼ごはんくらいはゆっくり食べたいなあ…
…と、北浜をうろっとしていると、北浜の名ビストロ、トォルトゥーガが目に入った。

トォルトゥーガはボリューム抜群で、しかも1時間以上は食事に時間がかかりそう。
ちょっと無理だな…とビストロの隣の階段へ目をやると、トォルトゥーガの支店のカフェ、
「ル・ボワ」
への入口があった。

こっちも混んでいるかな…と思いつつ、店のある二階へと階段を上がってみる。

すると、意外と店内はすいていた。

ルボワ 前菜
1050円で前菜、メイン、ドリンクORデザートのランチを注文した。

前菜は、ケーキ。の中に、ブロッコリが入っていて、デザートの甘さはあるんだけど、ソースは明太子にんにくマヨネーズで、塩っ気もある。
なかなかおもしろい。

ルボワ 豚バラ肉煮込み
豚バラ肉の煮込み。

野菜盛り沢山の豚バラ肉の煮込みだ。
ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ、芽キャベツ、かぶなど。

豚バラはとろっとしているんだけど、もちっとした触感が残っていて、だしがよく出たスープも良い。


窓からは間接的な光が店内へ柔らかく注がれていて、忙しそうな北浜界隈には似つかわしくない、スローリーな、なかなかの癒しのカフェだった。


「ル・ボア」
大阪市中央区高麗橋1-5-22 2F
TEL 06-4706-2200


→参考記事
  1. 2009/02/05(木) 23:50:01|
  2. 淀屋橋・北浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スッドの新作デザート

難波界隈で夜お茶といえば、「スッドポンテベッキオ」の、夜デザート。

日曜の夜は、客の入りは少なめで、ゆったりできる。

→参考記事

ホワイトチョコとブラックチョコムース
ホワイトチョコレートと、ブラックチョコレートのムース。
ホワイトチョコレートはふわっとクリーミィで、ブラックチョコレートのムースはねっとりしっとり濃厚で生チョコレートみたいなお味。

この白と黒は濃厚なので、ちびちび食べては、添えられたメロンやドライフルーツのケーキで休憩する。
どっちも結構甘いんだけどね。


イチゴシャーベットの海に小舟
連れの頼んだのは、苺と苺のシャーベット、ふわっとしたシャンパンゼリーの上に、パリパリのキャラメル風味の薄い焼き菓子の小舟。の上にリッチミルクのアイス。

こっちもなかなか美味だった。

うーん、スッドはやっぱりデザートが満足度高い。
吹き抜けで広いから、寒がりの俺にはちょっと肌寒いけどね…


→HP
  1. 2009/02/01(日) 00:11:48|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。