本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありえん!「トラットリア・ピノ」の500円ランチ

ピノ
阪神福島駅の南、なにわ筋沿いにあるトラットリアが、
「トラットリア ピノ」だ。

随分昔に行ったことがあったけど、どんな味だったか忘れてしまった。
久しぶりに行ってみようかな…と黒板のメニューを見ると、なんとパスタランチが500円!!
や、安っ!!
仮に不味かったとしても、500円だったら痛手も低いからいいや、と思って入店した。

ピノ500円ランチ ハチノスたっぷりトマトスパ
プラス300円で珈琲がつくらしく、店員に薦められたが、800円じゃあ失敗した時痛いよなあ、と思って断ってパスタとパン、サラダの500円ランチを注文した。

サラダは、、、まあ、こんなもんか、という感じ。
やや不安になりつつパスタに臨む。

パスタは、トマトソースのスパゲッティ。具はトリッパ。
スパゲッティもトリッパも沢山入っていて、ボリュームしっかり。
500円でこれだけボリュームがあるなら、全然悪くない。


うーん、これはコスパ高いや。
特に福島界隈はランチが900円超える店が多いので、かなりお得感が高かった。


→HP


スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 23:35:16|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島の「ボーチカ」でロシアを味わう。

ボーチカ
阪神福島駅を出てすぐ、国道沿いの南側に、一軒のロシア料理店がある。
「ボーチカ」だ。

簡易な内装、テーブル、椅子。
ロシアの屋台ってこんな雰囲気なのかな。

ランチは500円から。
700円の日替わりランチを注文した。
奥さんかな。
ロシア人の女性が、料理を作ってくれる。

ボーチカのラビオリマッシュルームスープとピロシキ
ラビオリの入ったマッシュルームのスープに、パン、ピロシキ、キノコやピクルスの付け合わせ。

スープには、サワークリームがかかっていて、なかなか食べた事のない味。
なかなか面白い味だ。
ピロシキもパンとひき肉のバランスがよく、いい感じ。


日本人用に変更していない本場の味、雰囲気が良い。
ロシア人の奥さんの接客は日本語力は乏しいが、温かみがあって好感度が高い。
夜のメニューを見ると、料理やウォッカの種類が豊富で、ディナーも期待できそうだ。


→HP
  1. 2009/04/29(水) 21:33:33|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「やきごころ」の牛タン定食

やきごころ
JR福島駅のすぐ南にある、ラグザ大阪の地下の飲食店街に、魚貝類がウリの店がある。
「やきごころ」だ。

北新地にある、「仔牛」という店の姉妹店らしい。
店内はカウンター数席とテーブル席数席で、こじんまりとしている。
水槽には伊勢海老がびっしり泳いでおり、アワビなどと共に夜は結構リーズナブルっぽい。

やきごころ牛タン定食
しかし、ランチに注文したのは、牛タン定食。

分厚~い牛タン150グラムにご飯、キムチがお替りし放題と、なかなかボリューム抜群だ。

日によってややばらつきはあるが、火を入れすぎないベストな状況の時には、柔らかいけど弾力性が抜群で、なかなか旨い。
これで1000円弱って値段は結構リーズナブルだよなあ。
満腹で満足。だが、腹がいっぱい過ぎて昼過ぎから睡魔が襲ってくることは必至だ。

この店にランチに行く時はいつも牛タン定食だけど、伊勢海老を筆頭に魚介類もおいしそうなので、次は夜に行きたいな。



→HP


  1. 2009/04/28(火) 00:42:05|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

堂島の老舗洋食屋「インペリアル」

インペリアル
福島と西梅田の間、出入橋きんつば屋の近く。

ふらっと歩いていると、揚げものの美味しそうな匂いが鼻を誘惑してくる。
誘惑の元をたどっていくと、普通の住宅の玄関のような扉があって、その隣の白いタイルの壁に、主張の控えめな表札があった。
老舗洋食の店、
「インペリアル」だ。

ランチ時は並ぶくらいの満席。
でも回転が速いので、すぐに席につくことができる。

店内は昔の食堂のような雰囲気で、昔ながらの食堂には定番のテレビがあって、選抜高校野球の中継が流れていた。

厨房の様子が手に取るようにわかるカウンターの席に座り、ほとんどの客が注文していた日替わりランチを注文した。

厨房のシェフ達は、目を瞑っても作れるんじゃないか、というくらいに熟練した手つきで、見る見るうちに料理を仕上げていく。

インペリアル日替わり
この日の日替わりランチの内容は、ビフテキ、コロッケ、サラダ、スパゲッティの付け合わせ、ライスという構成。

肉は薄めで、柔らかいわけではないけど、懐かしい味がして、なんか旨い。
コロッケもいい味出てる。
スパゲッティはカレー風味。

隣の客が食べているハンバーグも旨そうだった。


なんというか、めちゃくちゃ美味しいとかではなくて、昔ながら味が変わっていないんだろうな、と感じられる完成された洋食だ。

俺が好きなしき浪、樹林亭、くさばといった洋食屋、そしてこのインペリアルには変わった味ではないけど、個性というか、歴史というか、最近できた洋食屋には感じられない、何かがある。


→HP
  1. 2009/04/26(日) 22:43:19|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の「トレ・ルマーケ」

西天満公園の南側のトラットリア、
「トレ・ルマーケ」
で久々にディナー。

店内に入ると、全然知らないスタッフが迎えてくれた。
スタッフの愛想は良いのだけれど、
んー、最近店に入る度にスタッフが変わっているような気が……

今回はカウンターでの食事だったので、写真はほどほどに。
メイン一枚だけ撮った。

最初は相変わらずオリーブのフリット。
ビールによく合う。


次は鰻、長芋と大麦のラグーソースに、パン粉をまぶしてオーブンで焼いたもの。
サクサクねばねばで嬉しい触感。
甘辛いうなぎの、どことなく和風を感じる料理。


三品目は、幼鴨とフォアグラのパテ。
分厚くて、ボリュームしっかり。
肉々しくって、歯ごたえしっかりうま味しっかり。


ホタルイカとウニ、カラスミ、ウイキョウと、イカスミを練りこんだ昆布のような手打ちパスタ。
ねろねろの乳化したウニとカラスミのソースに、ホタルイカ、イカスミの磯の香があふれるお味。


トレルマーケ 煮込み
メインは、牛テールをジャガイモとサフランで煮込んだもの。

ほろほろ崩れてゼラチン質がぷるぷるしていて、ボリュームかなりあってがっつり。
旨いけど、ボリュームが多すぎて疲れてしまった


これらの料理とグラスワイン×3で12000円ちょっと。

どの料理も安定してがっつり旨かった。

ただ、スタッフが落ち着かないのがちょっと気がかり……


→参考記事
  1. 2009/04/22(水) 00:20:42|
  2. タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島のゆったりフレンチ「ブザンソン」

ブザンソン
JR福島駅から北西へ徒歩数分。
もうすぐ移転するらしいヴァリエや、ルッチョラがある通りを過ぎて、しばらく歩くと、徒歩圏内ギリギリの場所に、緑と、木の看板とが目印のフレンチがある。
「ブザンソン」だ。

店内は、黒を基調として落ち着いているが、格式ばってはおらず、気を張らないで食事ができる雰囲気。
なんとなくブレドブレに似ているような気がした。

ブザンソンランチ前菜ホタルイカ温泉卵アスパラ

1400円で前菜、メインのランチに、プラスに、プラス200円でデザートとコーヒーを追加した。


前菜は、ホタルイカと温泉卵、アスパラのサラダ。

ほんっとに最近ホタルイカを各レストランで目にする。
そして、温泉卵やアスパラとセットなのもよく目にする。
若干ツマラヌ…と思いながら食べ始めたが、野菜は瑞々しく新鮮で、味はバランスも適度。

ブザンソンランチクロソイソテー

メインは魚をチョイス。

クロソイのソテー。
クリーミーなレンズ豆のソースに、むっちりした白身。
丁寧でバランス良い。

ブザンソンランチデザートチョコシューアイス

デザートはチョコシューアイス。

シューの中にはキャラメルアイス。
に、木イチゴ、オレンジ、ブルーベリーなど。


どれもオーソドックスでやや無難ながら、丁寧でおいしかった。
これで1600円はかなりコスパが良いな。
問題は場所と、ややそっけなく感じる接客かもしれないが、この値段では文句は言えない。
夜はどうかな。


→HP

  1. 2009/04/20(月) 00:19:35|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリネズミのイタリアン「ポルコスピーノ」

ポルコスピーノ
西天満、老松通りの北側、ちょっと細い通りを入った奥に、手打ちパスタがウリのイタリアンがある。
「ポルコスピーノ」だ。

ポルコスピーノとは、ハリネズミのことらしい。
ハリネズミのシルエットが貼られたトビラに顔をほころばせながら、店内へ。

カウンター数席と、テーブル数席の小さな店内。
入ってすぐの天井にハリネズミのモビールがつるされていたりして、カジュアルで可愛い店内だ。

カウンターの上には夜のメニューが記入された黒板があり、手打ちパスタが1200円くらいから、小皿料理は450円くらいからあって、夜はかなりリーズナブルそうだ。

1000円のパスタランチを注文した。

ポルコスポーノ ランチ前菜
前菜はポルチーニかな?が入ったクリームチーズ、カボチャとコンソメのスープ、ブロッコリーのペーストのカナッペなど。

丁寧でありきたりな前菜ではなく、好感触。

ポルコスピーノトマトピーチ
この日の手打ちパスタは、トマトソースのピーチだった。

ピーチは、やや細めのうどんのようなパスタだ。
触感もうどんに似ているが、もちもち、むちむちとした触感で、日本のものとはやはり若干異なる。
濃厚であまーいトマトのソースだけのシンプルなパスタだが、絶妙に乳化していて、ピーチによく絡んでかなり旨かった。

あとフォカッチャ、最後にローズマリーのシフォンケーキと珈琲で締め。

うーん、なかなか良い店だった。
特にピーチがかなり旨かった。
夜もリーズナブルだし、これは再訪確実やな。


→HP
  1. 2009/04/15(水) 22:28:42|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「イグ・カフェ」で夜お茶

→参考記事

ある週末の夜。
ピッツェリア・モリタでピッツァを食べた後、西梅田界隈で夜お茶をすることにした。

目指すは、多少高くてもいいので、ゆっくりできる、美味しいカフェ。

それらの条件を満たす、ヒルトンプラザウエスト3Fにある、
「イグ・カフェ」だ。

週末の夜だが、そんなに混んではいない。
ちょっと高いからかな。

店の雰囲気がやや女性的だからか、男性はカフェにそんなに金を払う気がないからなのか、女性率がかなり高かった。

イグカフェ スコーンと奥にフレンチトースト
俺はスコーンセット。連れはフレンチトーストセットを注文した。
双方とも1500円やはりなかなか値が張るね。

写真手前のスコーンはふっくらしていて、なかなか美味。

だが、それよりも旨かったのが、奥のフレンチトースト。

メープルシロップやジャム、生クリームをつけて食べるのだけれど、中がどろっとしていて濃厚で、相当美味しい。
このフレンチトーストは、ホテルオークラにも負けないくらい美味しいぞ。

どちらも、食事としても成立しそうなくらいのボリュームだった。二人で一つ食べるのでも十分だったかも。


相変わらずいおこちが良く、どの客も腰を椅子に張り付けていて、1時間くらいで店を出た俺達は店を出るのが比較的早いくらいだった。
  1. 2009/04/14(火) 23:45:12|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うつぼ公園のカジュアル・ピッツェリア、「ポルタ・ヌォーバ」

ポルタヌォーバ店
うつぼ公園の南側に、コの字型のカジュアルなピッツェリアがある。
「ポルタ・ヌォーバ」だ。

肥後橋のイタリアン・レストラン、サリーレの支店で、俺のお気に入りのピッツェリアの一つなのだ。

ポルタ前菜盛り合わせ
前菜盛り合わせ。

トントロ、葱、菜の花の冷菜と、肉団子のトマト煮込み、サラダ、玉子焼き。
ここの前菜盛り合わせは丁寧で優秀。

ポルタホワイトアスパラとホタルイカ
ホタルイカとホワイトアスパラ、菜の花のソテー。
卵黄ソースと、アンチョビが混ざっていて、アクセントになっている。

最近、どの店でも本当によくホタルイカを目にする。
濃厚なソースとよく合っていて美味。

ポルタサラミとチーズのピッツァ
イタリア産ピリ辛サラミと三種のキノコ。

キノコは、マッシュルーム、しめじ、まいたけ。
水牛モッツァレラも、トマトも美味。
記事のもちもち感はほどほどだけど、全体的な味のバランスが良い。

一人あたりの予算は大体4000円くらいから。
この日は食べた量は少なめだったので、3000円くらい。
丁寧で美味しいし、カジュアルで居心地の良い、いい店だ。



「ポルタ・ヌォーバ」
大阪市西区靭本町1-16-19 メゾンダール1F
TEL  /06-6449-5688
営業時間/月〜金12:00〜14:00、17:00〜24:00
     土日祝12:00〜24:00
  1. 2009/04/13(月) 00:42:01|
  2. 肥後橋~うつぼ公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪駅前第3ビルの漁船、「えびす丸」

えびす丸
大阪駅前第3ビルの地下2階。
踊るうどんの近くに、一軒の居酒屋がある。
「えびす丸」だ。

お店の主人が元漁師で、乗っていた漁船が「えびす丸」というのでこの名前がつけたのだという。

外からは普通の居酒屋に見える。
が、かねてからこの店の前を通るたびに、メニューを見ていて、なんとなく美味しそうな気がしていたので、入ってみることにした。

店内に入ると、カウンターと数席のテーブルのほとんどが埋まっていて、ほぼ満席。
テーブルには七輪が並んでいて、あるテーブルの上で焼かれている魚の匂いは香ばしくて旨そうだ。

これは期待できるんじゃないか、と楽しみに料理が運ばれてくるのを待つ。

えびす丸 鯖の刺身 塩から
鯖の刺身と、イカの塩辛。

鯖って傷みやすいからか、あまり刺身では見ない。珍しい。
俺は刺身で食べるのは初めてだ。
かなあり新鮮で、臭みは全くなく、脂はかなりのっている。
ほうほう、美味美味。

イカの塩辛も、新鮮で、ワタは深みがあって、旨い。

えびす丸 まぐろほほ肉
まぐろのほほ肉の七輪焼き。

火を通しすぎないように気をつけながら焼いて、食する。
弾力があり、うま味がしっかりあって、炭火の香ばしさも良くって、相当旨い。

えびす丸 本鴨 ねぎ
本鴨と葱の陶板焼き。

身はしっかり歯ごたえがあり、味もしっかり。
こやつもいけるな。

えびす丸 小魚
なんだったか、小さい魚の一夜干し。

えびす丸 へしこ
鯖のへしこ。

塩辛い珍味。
日本酒によく合う。

えびす丸 ネギトロ焼き
ネギトロ焼き。
ネギとマグロをつくね状にしたもので、普通に旨い。

これで1個180円はかなりお得だ。

えびす丸 アナゴの天ぷら
アナゴの天麩羅。

アナゴは美味しいと思うけど、ちょっと衣が分厚くて味がわかりにくいかな。もったいない。

えびす丸 クジラ胸肉
クジラの胸肉。

海のものか山のものかわからない肉。
クジラは久しぶりに食べるけど、なかなかうまかった。

えびす丸 焼きおにぎりと味噌汁
焼きおにぎりと、味噌汁のセット。

味噌汁はなんだったか白身魚の出汁がよく出ていて、幸せな味だった。


予算は、一人大体4000円くらいから。
どれも新鮮で、珍味系も多くておいしかった。
なかなか満足度高い。
立地も良くって、再訪確実。
…というか、最近毎週のように行っている。


追記:日によって若干パフォーマンスにばらつきがあるみたいです。釧路から魚貝が輸送されてくるタイミングによるのかな。



「炭味家 えびす丸」
大阪市北区梅田1丁目1番3-B200-75
(大阪駅前第3ビル地下2階)
TEL06-6442-4780
  1. 2009/04/07(火) 22:32:46|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南船場地下のフレンチレストラン、「ディーフゥ」

ディーフゥ
南船場、クリスタ長堀12番出口を出てすぐのとあるビルの地下に、フレンチレストランがある。
「ディーフゥ」だ。

ネットで随分評価の高いフレンチで、昼も夜もリーズナブルで行きやすそうなので、一度行ってみることにしたのだ。

木を基調とした、クラシックなフレンチレストランだ。入口の扉は自動ドアだけど。
店内奥の4人席に通された。
奥の席は他の席からは離れているので、落ち着いてゆっくりと食事することができた。

Image017~00
アミューズ。
キノコを細かく砕いたものの上に、タコ、うすいエンドウの冷製スープ。

スープはそれだけ飲むとちょっとミルクっぽさが強いが、全体を混ぜるとバランスが良くなった。
左のは小さなパン。ドライトマトとアンチョビが入って、むちっとしていた。

Image018.jpg
茄子のピューレとホタルイカ、ホタテ、つぶ貝を混ぜて固めて、上に温泉卵、周りにコンソメジュレ。

茄子の燻製の香りが良い。
温泉卵を割って混ぜるとホタルイカやつぶ貝の生臭さが和らぐが、その代りに茄子の燻製の香りやコンソメの風味が損なわれてほとんど感じられなくなってしまった。
あと、冷製の、流動系の料理が続いたので、ちょっと疲れてしまった。

Image019.jpg
フランス仔鴨むね肉のロースト。エピス風味と、鴨肉のクロケット。

分厚い、歯ごたえしっかりの鴨肉。
クミン、ヘーゼルナッツ、コリアンダーに白ゴマを表面にまぶしてあって、口に入れると、スパイスの香りが鼻を通る。もう少し刺激が強くても良かったのに。
鴨肉の入ったクロケットはミンチカツみたいな感じで、結構ボリュームがあった。

ディーフゥデザート
デザートは、
クリームチーズが入った雪見大福に、マチェドニアがたくさん。
上にはココナッツアイス。

結構ボリュームあり。
味については、雪見大福などは市販のやつに結構忠実で、見たとおりの味でした。


料理は繊細な印象は受けなかった。手は混んでいると思うけど、若干大味かなあ…。
特に強い印象は残っていない。
前評判に期待しすぎたのが良くなかったのかなあ…。

若干、三宮のルセットに似ているように感じた。

ただ、上記のランチは2600円で、その値段から考えると手間がかかっていて、コストパフォーマンスはいいと思う。



→HP
  1. 2009/04/04(土) 13:00:29|
  2. 南船場~心斎橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

西天満ランチ⑤

Image002.jpg
Image001.jpg
Image011.jpg
西天満、アメリカ領事館の北側を東の道に入って少し歩いた所にある、
「てんまみち 阿田」でランチ。

上は鳥のてんぷら定食。800円。
サラダには焼きそばみたいなのが入っていてまあ普通。
が、鶏のてんぷらはジューシィで、なかなかうまい。
ご飯も芯が立っていて旨かった。

下は、酒粕の味噌汁の鍋、「バッカス鍋」の定食。800円。
出汁がよく利いていて、酒粕の香りが強すぎず、適度で普通に旨かった。

どちらも普通に旨かったので、夜が気になるところだ。

→HP

Image005.jpg
Image004.jpg
「竹酔」
は、和食専門店で、カウンター数席と、テーブル数席の店。
西天満らしく、夜は高くて敷居が高そうな店。
カウンターにはずらりと裁判官が並んでいた。

天ぷら定食800円。
かやくご飯がついてくるのがうれしい。
天ぷらは、穴子、レンコン、玉ねぎ、ししとうなど。
衣はやわらかめ。
ふっくら熱々で普通に旨かった。

→地図
  1. 2009/04/02(木) 22:06:23|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。