本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青い屋根のイタリアン「ロ スコルファノ」

ロ+スコルファノ
北浜駅の、一番東の出口から地上へ出て、
FM802の流れるガソリンスタンドの西側の道を、南へ1,2分歩く。
途中でキャラント・キャトルからの誘惑の手をくぐり抜け、次の交差点の左手に、青い屋根が見えた。
俺の記憶ではそこには小さな家庭料理の店があったと思うんだけど、
青い屋根の下の店はいつの間にかイタリアンになっていた。
「ロ・スコルファノ」だ。

店頭に立つ黒板にはパスタのメニューが書かれていて、
犬鳴豚のラグーと書かれてあった。
これは期待できるかも、と思わず店内へ。

カウンター数席、テーブル2,3つくらいの小さな店内。
すっきりしてシンプル。
カウンターは「禁煙」と書かれてあって(テーブルもそうなのかもしれないけど)、煙を吸わない俺には居心地が良い。

1000円のパスタランチを注文した。

ロスコルファノ+前..
まずは前菜。

豚の味が強いハム、サラダ、サンマのカルパッチョなど。

ロスコルファノ+犬..
パスタは、さっき言ったけど、
犬鳴豚のラグー。

ボリュームしっかりで、犬鳴豚はとろとろで旨い。


締めは珈琲。


夜のメニューには犬鳴豚やなにわ野菜やらを多用していて、値段もリーズナブルで、
ディナーの使い勝手が良さそうだ。
北浜に職場があれば仕事帰りに寄ってみたい店だ。


「ロ・スコルファノ」
大阪市中央区今橋1-4-8
TEL:06-6231-3388
営業時間:11:30~14:00 夜18:00~LO22:00
定休日:日曜日
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 00:00:27|
  2. 淀屋橋・北浜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「七福亭」の親子丼

七福亭 親子丼
扇町駅の近くの、
「七福亭」で親子丼を食した。

七福亭といえばカレーうどんが有名だけど、
親子丼もなかなかにいける。

出汁も利いていて、鶏肉はしっかり入っていて、味はやや濃い目で、山椒もやや多めだけど、旨い。
俺の親子丼ランキングではかなり上位だ。(今井の親子丼は美味しいが、鶏肉が小さくて少ない)


→参考記事
  1. 2009/09/29(火) 00:14:25|
  2. 天満界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理想のカジュアルイタリアン、「アッセ」

アッセ
肥後橋の、ちょっとわかりにくい道の一角に、カジュアルなイタリアンがある。
「アッセ(asse)」だ。

店内は、細長くて、カウンター数席とテーブルがいくつか。
薄暗くて、アップテンポのBGMがノリ良く流れている。
肥後橋というよりも、堀江や新町にありそうな、カジュアルなイタリアンだ。

アッセのオイルサーディン
珍しいメニューはそんなにないが、どの料理も安い。
たとえば、このオイルサーディンは300円。

300円とは思えないほどにおおぶりで、
普通に旨い。

アッセのキッシュ 300円
このキッシュも300円ナリ。

決してちまっと小さいわけではなくてそれなりの大きさで、
中身は飴色になるまで煮詰められた玉ねぎがびっしり。
甘くて、ふっくらしていて旨い。

アッセのブルスケッタ
こちらはブルスケッタ。

たっぷりトマトが瑞々しい。

アッセのパルマ産生ハム
パルマ産生ハム。

しっかり枚数。

アッセのソーセージ
手造りソーセージだったかな?

肉が詰まっていて粗挽きの触感が良い。

アッセのペンネ
トリッパのトマト煮込み、ペンネ。

確か1000円ちょっとくらいの値段。
その値段にも関わらずペンネもトリッパもたっぷり。
味もしっかり旨い。

アッセピッツア
マルゲリータと、ピリ辛サラミのハーフ&ハーフのピッツァ。

生地はまあパリッとしてたかな。
香ばしく、モッツァレラもサラミも普通に美味しく、バランス良い。

アッセデザート
キャラメルアイスと、バニラアイスだったかな?

200円か300円くらいの値段だったので少量のアイスを予想していたんだけど、結構しっかり。


以上と、グラスワイン×3で、7000円くらいだったかな。ちょっと記憶があいまいだったけど、予想よりかなり安かった!!

どの料理もしっかり美味しい。
そして何より、ボリュームもしっかりある割には、どの料理も安い!!

小皿料理から、前菜、パスタ、メイン、デザートまで、普通のイタリアンよりも2,3割安いんじゃないかな。ほんとにコスパ高いわ。
オーソドックスながらどれも美味しいし、カジュアルなイタリアンとしては理想に近いんじゃないだろうか。
カジュアルでガヤガヤした雰囲気は苦手な人もいるかもしれないが、俺には全然気にならないし。

これは、再訪確実やわ。


ASSE (アッセ)
TEL 06-6443-9100
住所 大阪府大阪市西区江戸堀1-22-2
営業時間 11:30~14:00
18:00~翌2:00(L.O.翌1:00)
定休日 日曜日
  1. 2009/09/28(月) 00:11:05|
  2. 肥後橋~うつぼ公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ATA-GO」の佐世保バーガー

アタゴ
なんばこめじるしの一番南の果てに、
佐世保バーガーの店がある。
「ATA-GO」だ。

今まで、入口の扉がなく、客数があまり多くない様子から、なんとなく店に足を踏み入れようとしていなかったけど、
久しぶりにがっつり佐世保バーガーを食べたくなったので、週末の夜にも関わらず店内には他の客はいなかったのでやや不安はあったが、入店することにした。

アタゴ佐世保バーガー
でっかい佐世保バーガー!!

パテ、玉ねぎ、チーズ、ベーコン、レタスなど、具だくさんで、ポテトを別に注文したことを後悔するくらいにボリュームしっかり。
チェーン店的な画一的な味ではなく、手作りの味で、いい感じ。

難波でハンバーガーを食べたくなったら、この近くの有名ハンバーガー屋に行くなら、ここに行こうっと。


→HP
  1. 2009/09/27(日) 02:39:29|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平日の夜の、ささやかな幸せ

缶ワイン
がっつり飲めない平日の夜。

さくっとワインを飲みたい時には、
バロークスの、缶ワインがオススメ!!

特に、赤のスパークリングワインが、なかなかに旨い!!

1本400円ちょっとの値段は、缶の癖に…と購入意欲を妨げがちだけど、一度ご賞味あれ!
意外としっかりしていて、イケてるから!!

ネットも携帯もつながらない夜に、この1本のおかげでどれだけ助かったことか!!

  1. 2009/09/26(土) 00:26:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっと行けた、「ラ・バッロッタ」

ラバッロッタ
日本橋と、難波の間くらい。
地図を見ながら探してもやや迷ってしまう場所に、一軒のイタリアンがある。
「ラ・バッロッタ」だ。

オープンした当初から、ずっと行ってみたかった店。
何度か予約をしたが、そのたびにフラれてしまい、ずっと行けなかった。
今回もどうせフラれるだろうな…と思いながら前日に電話してみると、週末のランチだけどなんとか予約をゲット!

遂に、噂のアドリブランチを味わえることに!!

ラバッロッタつきだし
バッロッタのランチは、2800円のお任せコースのみ。
苦手な食材を伝えて、何が出てくるかはテーブルに皿が運ばれてくるまでのお楽しみ。

付き出しは、
赤玉ねぎとリコッタチーズ、バルサミコにヨーグルトソース。

赤玉ねぎの野菜の甘さに、リコッタチーズの甘さがじわっと口内に広がる。
バルサミコとヨーグルトの酸味が、さわやかで、夏っぽい。

ラバッロッタ前菜
前菜は、タコとレンズ豆、トマト、下にはレンズ豆のピューレ。

タコはぷりぷり。
レンズ豆のピューレがさらっと舌ざわり良く、美味しかった。

ラバッロッタピーチ
パスタは、ビーゴリ。鴨とジロール茸のラグーソース。

ソースはやや濃い目だが、ジロール茸の香り良く、
ビーゴリももちっとしていて美味しい。

ラバッロッタ豚肉メイン
神奈川産の宮路??豚のロースト。

聞いた事のない豚肉だが、
むっちり歯ごたえが良くて、うま味もしっかり。
適度な火入れで、美味しい。

ラバッロッタデザート
デザートは、パッションフルーツのムースの入ったズッパイングレーゼ。
メレンゲ、フルーツ、ベリーソースが添えられていた。


どの料理も美味しく、おまかせなので、何が出てくるのかわからないのが楽しい。

接客は丁寧で、カジュアルな店内はくつろいで食事ができて居心地が良い。

2800円はランチとしては安くないけど、全然納得だわ。


→HP
  1. 2009/09/25(金) 00:19:46|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「竹酔」で満足おまかせコース

Image005.jpg
西天満。
領事館の裏あたり。
一軒の、和食の店がある。
「竹酔」だ。

何度かランチに行ったことのある店で、明るくて強烈な個性のあるおかみさんが強く印象に残っていて、俺の周りでは「おばちゃんの店」と呼ばれている。

西天満の和食の店は、夜はお高い店が多いので、なかなか行く機会がなかった。
この店も例外ではなく、夜に行くという発想がなかった。

が、この店でのあるランチの際に、定食が運ばれてくるのを待ちながら、
連れと「鱧を食べたいなー」という話をしていたところに、
おかみさんが、「鱧なら、是非、うちでどうですか!!」
と、特別価格で夜ごはんを提供してくれるとおっしゃってくれたので、
行ってみることにしたのだ。

おかみさんお勧めの、お任せコースを注文した。

竹酔 じゅんさい もずく
最初はもずく。
じゅんさい、とろろと、ちゅるっと食べる。
とろとろねばねばな一品だ。

竹酔 土瓶蒸し
次は、土瓶蒸し!!

この店に行ったのは、8月最初ころ。
こんなに早く、マツタケが食べられるなんて!

その中には、マツタケのほか、鱧や鶏肉など。
だしは美味しい。
香は、ちょっと弱めだったかな。

竹酔 刺身
刺身盛り合わせ。

なかなか豪勢。

鱧、さんま寿司、マグロ、イカ、鯛など。
特に鱧が半生で、かなり旨かった。

竹酔 トマトけんちん
店主が以前修業した店の師匠から、夢の中で教わったという、トマトけんちん。

大きいトマト煮、だしの利いた餡。
中にはひき肉が詰まっている。

すっきりした酸味が爽やかで夏らしい料理だ。

竹酔 茄子煮浸し トロロ芋 一味でピリリ
茄子の煮びたし。
とろろ芋と、一味でピリリ。

竹酔 黒ムツ
深海魚、クロムツの煮付け。

ぷるぷるしていて、コラーゲンたっぷり。
脂がしっかりのっていて、味わい深い。

結構腹が膨れてきていたが、ぺろっと余裕で完食できた。

竹酔 鮎 湯葉巻きひじきトロロ芋
鮎の塩焼き。

お腹の膨れた、大きな鮎。
テーブルに運ばれてくるのを見て、思わず顔がほころんだ。

身はほくほくだし、皮も内臓も美味。
添えられていたのは、ひじきと山芋の湯葉巻き。

竹酔 ちゃそば
次の一品は、ひょうたん型の器に入ってくる。

竹酔 ちゃそば2
中身は、茶そば。

コシがしっかりしていて、抹茶の香りがよく、旨かった。


最後に、夕張メロンで、締め。


いやー、美味しかった。満足、満足。

サービスしてもらったから、値段は言えないけど、あの値段でこの内容は、本当に信じられないくらいコスパがいい。

全体的に薄味で、素材は良く、丁寧で美味しい。

店主は、ずっと西天満で修業し、数年前にこの店を始めて、これからも西天満で和食をやっていくという。

この店を店主とともに切り盛りするのは、店主の奥さん。
至極元気で、積極的に店内を動き回って、ワイン片手に、お客さんと朗らかに語りあっている。

それに対して、店主はカウンターの向こうで、寡黙に、いつでも真面目な表情を崩さずに黙々と料理を作っている。

本当にいいコンビネーション。居心地の良い店だ。


竹酔
TEL 06-6362-8980
住所 大阪府大阪市北区西天満2-10-9
  1. 2009/09/24(木) 02:04:51|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりです。

大阪に帰ってきました!!

これでやっと情報源のある生活に戻れる…

これからしばらく、連続で更新していきますので、ヨロシクです。
  1. 2009/09/23(水) 23:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京駅内の「リーゾカノビアッタ」でリゾット。

ヒロ+リゾット
東京駅で、夜ご飯時で若干時間があったある日。

新幹線で弁当を食べるのもいいけど、
時間があるし、何か食べられるような店がないかな…と探していると、
カウンターの、リゾットの店が。
「リーゾカノビアッタ」だ。

有名なイタリアン、カノビアーノの支店のようだ。

1000円~1500円で、
様々なリゾットと、軽めのサイドメニューがある。

注文したのは、カポナータのリゾット。

やや薄味で、思ってたよりも、なかなか旨い。

新幹線の時間までに30分あるときは、また行こうっと。


RISO CANOVIETTA (リーゾカノビエッタ)
TEL 03-5220-2374
住所 東京都千代田区丸ノ内1-9-1 JR東日本東京駅構内 B1
営業時間 [平日]
08:00~22:00
[日祝]
08:00~21:00
ランチ営業、日曜営業
  1. 2009/09/15(火) 23:53:58|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ピエールマルコリーニ銀座」のチョコレートパフェ

ピエールマルコリー..
チョコレートで有名な店、
「ピエールマルコリーニ銀座」でお茶。

人気店なので、小雨の中30分待った。
大雨にならなくて助かった。

ピエールマルコリー.ニパフェ
チョコレートパフェ。

さすがにチョコレートアイスもチョコレートも美味しい。
しかし、甘い甘い。

そして最後の3分の1はいろいろ溶けて混ざってどろどろになる。

パフェって最後どうしても汚い食べ物に転化してしまうんだよなあ。


→HP
  1. 2009/09/12(土) 23:45:51|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「近どう」でのんびりもんじゃ

近どう
月島のもんじゃのメインの通りから、ちょっと狭い道に入ったところにあるもんじゃの店が、
「近どう」だ。

月島はのんびりした雰囲気で、東京に行ったらいつものように行く。
もんじゃの店は全体的にちょっと狭めな店が多いが、
この店は別館も近くにあったりして、結構広く、
ゆったりもんじゃが食べられる。

近どう+もんじゃ
うーん、もんじゃって見た目じゃおいしそうじゃないな;

ベタな、めんたいチーズもちもんじゃ。

予想通りの旨さ。
だしも、まあまあだった。


→HP
  1. 2009/09/08(火) 23:37:01|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和光市の旨い焼肉屋、「明成館」

明成館
埼玉県和光市の駅前にある有名な焼肉の店、
「明成館」へ。

明成館+焼肉
何も考えずに店に入ったけど、
A5ランクの思ったよりもいい肉で、値段も結構高め。

ちょっと抑え目で一人6600円くらい。

美味しいけど、結構安く焼肉を食べるつもりが、結構高くついちまったわ。


→HP
  1. 2009/09/06(日) 00:07:32|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

200余年の歴史「駒形どぜう」のどぜう鍋

駒形どぜう
都営線浅草駅A1出口から出てすぐ。
目に入ってくる、200余年もの歴史のある趣のある建物が、
どじょう料理で有名な、
「駒形どぜう」だ。

広い座敷、ひく~いテーブルで、腰を丸めながらどぜうを食べた。

駒形どぜう+どぜう..
小さめの、薄い鍋に、濃いだしと共にぐつぐつと音を立ているどじょうに、
上から自由に乗せられる葱をたっぷりと載せて、葱がくたっとしてきたら、
七味と山椒をたっぷりとふりかけて食する。

初めて食べるけど、思ってたのと違い、臭みとか癖はなく、なかなか旨い。

どぜう駒形+柳川鍋..
柳川鍋は、どぜうに牛蒡、卵とじ。

こちらもまあ旨かったが、普通のどぜう鍋の方がよかったかな。

昼のどぜう鍋定食、柳川鍋定食で5000円ほど。
まあ旨いけど、ちょっと高いかな。


→HP
  1. 2009/09/05(土) 23:36:53|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。