本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「センナリヤ」で、飲んで、食べて、お土産買って。

千成屋
難波駅出てすぐ、戎橋商店街を入ってすぐにある、老舗輸入食料品の店、「千成屋」。
以前は二人以上横に並ぶと窮屈に感じるくらいの、細長くて狭い店だったが、最近改装して、随分店内が広くなった。
輸入食品の種類も増えて、店内を物色するだけで、楽しい。

そして、店内の入口すぐ、または店の奥には、2階へあがる階段ができていた。
2階へあがると、そこには、意外と広い、雰囲気の良いバルが。
「RICOCHE(リコッチェ) SENNARIYA」だ。

店内では、1階で売っているボトルワインが抜栓代1000円で飲める。

千成屋2階300円グラスワイン
しかも、グラスワインは、なんと300円から飲む事ができ、チャージ代はなし!!

この300円のグラスワインが、白ワインも赤ワインもあるのだけれど、300円とは思えない味わい。
なかなか美味しい。

千成屋2階オリーヴ
1階で売っていたオリーブは、300円くらいでお試しで食べられる。
これが、かなりおおぶりで、瑞々しくてうま味があって美味しい。

千成屋2階ハモンイベリコ
こちらは、ハモンイベリコ。

500円くらい。

エストラゴレアルティント
2階でグラスワインで500円で飲む事ができた、
「エストラゴ レアルティント。」が結構おいしかったので、
1階でボトルワインを探してみると、1300円であった。
安っ!!
思わずお買い上げした。


安いし、居心地も良いし、立地かなりいいし、帰りには1階でワインや輸入菓子を買って帰られるし、使い勝手が良い店だ。

でも、すぐに満席になるだろうなあ……というか、一昨日もここに行ったのだけれど、早くも店内はほぼ満席になっていた。


※どうやら、グラスワイン300円はオープンキャンペーンだったようで、終わったようです。今はグラス500円でした。

→HP 【“「センナリヤ」で、飲んで、食べて、お土産買って。”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2009/10/26(月) 00:00:33|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルイの裏手の穴場店、「宏亜楼」

久しぶりに、宏亜楼のディナーへ。
(→HP)

以前来た時よりちょっと内装の雰囲気が変わったような気がする。
ちょっと薄暗くて、ランプや壁紙も雰囲気が良い感じ。

店内は満席だったけど、ほとんど待たずに席に座ることができた。

宏亜楼200910チンゲンサイ蟹あんかけ
チンゲンサイの蟹あんかけ。

蟹のうま味がよく出たあんかけがチンゲンサイに良く絡んで、美味しい。

宏亜楼200910チキンライス
チキンライス。

チキンのだしと生姜の香りが食欲を増進させる。
病みつき、病みつき。

宏亜楼200910カレー手羽先
カレー風味の手羽先。

宏亜楼のスパイス系は辛さ控え目。
ビールに合う味。

宏亜楼200910ひらめん
名前を失念。
ピリ甘辛で黒胡椒を利かせた、平麺のシンガポール焼きそば。

カンティプールでいつも注文する、「チョウメン」とほぼ同じだ。
まあ旨いんだけど、ちょっと甘めで、麺は普通に柔らかめで、カンティプールと比べるとどうしてもちょっと見劣りしてしまう。
ちょっとメニューの選択ミスやな。


以上とビール×2で、4300円くらい。
値段は高くないし、どの料理も安心して注文できる。
まだ頼んでいないメニューが結構あるあら、近いうちに再訪しよっと。

  1. 2009/10/25(日) 23:33:26|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「くさば」の牡蠣フライ解禁!

レストランくさば
牡蠣フライが一番好きという友人に、まっさきに勧めるのが、
老舗洋食の店、
「レストランくさば」

今年も、牡蠣フライのシーズンがやってきた。

さっそく、堺筋本町へ!!

牡蠣フライが始まったのを当然知っていたかのように、店内は一人客がカウンターに並び、
皆牡蠣フライを注文していた。


お店は、なんと70歳を超える老夫婦と、その兄弟が三人で切り盛り。

休憩をはさみながら注文を取るおじいさんと、
語尾が必ず1オクターブ上がる、その奥さんのおばあさんが接客。

厨房は弟さんのおじいさんが一人で料理を作る。
おじいさんはたぶんランチ時に忙しかったのもあって疲れているのか、
料理をテーブルに置く手を見ると、牡蠣フライの載った皿が、縦に10センチほどふるふる…と揺れていた。
料理を置くと、ふう、と椅子へガクッと座る。

大丈夫かな……
おじいさんの身体を気遣いながら、牡蠣フライを食した。

レストランくさば牡..
でっっっかい牡蠣フライ!!が、7個も!!

ぽんずとタルタルソースが選べるんだけど、もちろん、タルタルソース!!

舌が火傷しそうになるくらいの熱さに耐えながら口に入れると、
身はぷりっぷりで、衣の中から、牡蠣のエキスがじゅわわっと口の中に広がってくる。
ほんまに、ジューシィ。
ほんまに、旨い。


はー、旨かった。
満足、満足。

月一回くらいのペースで行きたいところやわ。


→参考



追記:H君、見た??旨そうやろ!!
  1. 2009/10/22(木) 00:00:27|
  2. 本町・堺筋本町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「Fuigo」でスペインランチ。

フューゴ
7月の、暑い休日の昼。

たまたま京都に用事があって、京都の三条から四条の間をぶらぶらしていた。

途中でよさ気な革の鞄の店に寄ったりしながら、ランチの店を探す。

しかし、京都は不慣れなので、どこに入ったらいいのかわからなかった。

でも、せっかく京都に来たのだから、失敗はしたくない。

幾つかの、店頭に掲げられている黒板メニューを見ては、
「うーん、ここは怪しい。」
「ここは、きっとオシャレなだけの店やわ。」
と言いながら、
いい加減早く決めろよ…という連れの無言の視線に気づかないふりをしながら探し続け、
2時少し前になって、ようやく、美味しそうなメニューが書かれた黒板を見つけた。

細長いビルの二階に店があって、中に入ると、やはり細長い店内。
カウンターが数席、テーブル数卓ほどの、雰囲気の良いスペインバル、
「Fuigo」だ。

フューゴランチスープと前菜
カボチャの冷製スープと、前菜。

冷製スープは滑らか濃厚。
胡椒しっかり。
美味しい。喉を通る冷たさが、夏の暑い日差しを受けて熱くなった身体にはありがたい。

前菜は、大きめのスパニッシュオムレツと、サラダ、ラタトゥイユ。
オムレツは、ジャガイモの触感とチーズの風味が旨かった。

フューゴランチ魚
スズキのソテー。

ソースは、トマトやピクルスを細かく切ったソース。
外はカリっとしていて、中はむっちり。

ボリュームあるし、美味しい。


これで、1000円は満足度高いし、どれも丁寧でバランス良く、美味しかった。

京都では三条と四条を中心に4店舗あるスペイン料理店の一つだったらしい。
この店はその中でも炭火焼がウリなのだという。

なかなか良かった。
次に京都に行った時には、夜も行ってみたい。


→HP
  1. 2009/10/21(水) 21:14:55|
  2. 京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「北斗星」の海老フライ・トルコライス

北斗星+海老フライ..
大阪駅前第2ビル地下1階、
「北斗星」
で海老フライ・トルコライス。

トルコライスって、もはや何でもありだな。

まあ、旨いからいいけど。
  1. 2009/10/19(月) 22:24:48|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日曜日の貴重なランチ、「サルバトーレ クオモ」のピッツァランチ。

サルバトーレクオモ..
日曜日のランチに、梅田の、
「サルバトーレ クオモ」
でピッツァランチ。

水牛のモッツァレラをつけて、サラダと珈琲がついて1400円のランチは、
コシもしっかりあるし、トマトソースもモッツァレラも美味やし、なかなかいい感じ。

梅田の日曜日はあまりいいランチがないから、常に満席で並んでいるのも納得やわ。
  1. 2009/10/19(月) 00:07:01|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天満市場近くのイタリアン、「ラパッキア」

ラパッキア
JR天満駅から、ちょっと北。
天満市場の近くに、一軒のイタリアンがある。
「ラパッキア」だ。

入口を見て思っていたよりも、広い店内。
古い民家を改装した店で、
天井高くて、白、黒、を基調としたシンプルな内装。

お腹がすいていなかったので、軽めに小皿中心にグラスワインを注文した。

ラパッキアオリーブとトマト
オリーブと、フルーツトマト。

オリーブは瑞々しくて味が凝縮されていて美味しかった。

ラパッキア生ハム
生ハムとサラミの盛り合わせ。

どれも脂身が質良く、美味しい。

ラパッキアバーニャカウダー
野菜のバーニャカウダー。

ナス、ニンジン、キュウリ、アンディーブ、芽キャベツなどなど。
どれも新鮮でおいしい。

ラパッキアシャラン鴨
シャラン鴨。

小皿メニューなので二切れだけど、ジューシィで味わい深くて美味しい。


以上と、グラスワイン×5で、二人で9500円ほど。
素材良く、どの料理もおいしい。

しかし、ボリュームは全体的に少なめで、この量で9500円は俺にはちょっと高いかな。


→HP
  1. 2009/10/18(日) 21:06:38|
  2. 天満界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪で「シロノワール」

大阪のシロノワール..
最近、本町に、ついに名古屋の喫茶店、
「コメダ珈琲」が進出してきた!!

さっそくデニッシュパンケーキとたっぷりソフトクリームの、
「シロノワール」を食した。

おおっ、期待通りのがっつり味!!

コメダ珈琲はこのシロノワールがやっぱりいいな。

それから、なんてったって、何時間でも居座れそうな雰囲気が、良い(^^)v

  1. 2009/10/16(金) 01:00:30|
  2. 本町・堺筋本町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「ノガラッツァ」の夜飯。

結構前の、週末の話。
ある夏の夜。

西天満公園の北側。
白と赤のイタリアンレストラン。

久しぶりの、
「ノガラッツァ」
の、初ディナーへ行った。

夜は昼と違って照明をぐっと落としていて、しっとりと落ち着いた雰囲気。

お任せコースを注文した。

ノガラッツァディナーうにとかの前菜
まずは、セロリのスープ。

京都産胡瓜が入り、上には雲丹がたっぷり。
カラスミが散らされていた。

夏っぽい、しっかりめのセロリの香り、味。

雲丹とカラスミが、喧嘩なく調和している。

美味しい。

ノガラッツァディナー暗い皿
下には京都の白ナス、上には鮑、その肝、マスの卵、スプラウト。

ナスも鮑も新鮮で、それぞれが美味しい上に、肝やぷちぷちした触感のマスの卵がマッチしていて、すべてを一緒に食べると、より美味しい。

いやー、これも美味しい。

ノガラッツァディナーパンとグリッシーニ
丸いフォカッチャと、長~いグリッシーニ。

ノガラッツァディナーパスタ
鱧と万願寺唐辛子のトマトソーススパゲッティ。

夏はやっぱり鱧だよねえ。
鱧と万願寺唐辛子の苦みがよく合う。

パスタもソースが乳化していて、美味美味。

ノガラッツァディナーニョッキ
マスカルポーネチーズを練りこんだパスタ。

ニョッキのような形状のパスタ。
触感はもちもち感はないが、チーズの風味があってうんまい。

ノガラッツァディナー豚肉
メインは、パルマ産の黒豚。
パルマ産生ハムをのせて、塩分とうま味を補強。

下にはポレンタをすりおろしたもの。
あと、ヤングコーン。

ポレンタのすりおろしは若干お粥みたいな味でちょっと全体的な味が薄くなったのが残念だけど、まあ旨かった。

ノガラッツァディナーカットケーキ
連れが誕生日だったので、締めはイチジクのショートケーキ。

ホールを半分にするので、ちょっと食べ疲れてしまった

以上と、グラスワイン×4くらいで、二人で20500円。
はー、満足した。

いろいろな食材を使うが、調和が抜群。
それぞれ別々に食べるよりも、一緒に食べる方が美味しい。
かなり美味しい。

接客も悪くなく、雰囲気も良い。
大阪でハレの日にも使えるイタリアンとしては、数少ない、いい店だ。


→HP
  1. 2009/10/12(月) 23:19:17|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美味しさの再認識

久しぶりの、パリ・オランジュ。

予約なしのランチは3回行って3回ともふられたけど、
週末ディナーは予約前日でもオッケーだった。

むしろ席はいくつか空いていて、ゆったり食事ができた。
オフィス街の週末は、こういうところが利点だ。

前菜×2、メインをチョイスで5500円のコースを注文した。

パリオランジュ200910 アミューズ
アミューズ。

白カビチーズにはちみつ、あさつきをぱらっとかけてあるバケット。

白カビチーズの癖をはちみつがまろやかに。
癖のあるチーズと蜂蜜って意外と合う。
あさつきはそんなに主張ないし、あんまり合わない気がしたけど。

パリオランジュ200910パン
自家製かな?
パンが結構おいしい。

パリオランジュ200910前菜トマトスープ
一つ目に選んだ前菜。

冷たいトマトスープ。
に、つるむらさき、ナス、フランス産のイカ。

もう秋だけど、トマトスープのすきっとした酸味が夏っぽい料理だ。
新鮮で、スープにからんでも味が負けない野菜と、かなり柔らかいイカ。
美味しい。

パリオランジュ200910前菜豚肉豚足フォアグラ
前菜2皿目。

豚肉と、豚足、フォアグラのテリーヌ。

表面はきっちりカリカリしていて触感良くって香ばしい。
豚足のぷるぷるとほぐされた豚肉の身のバランスが良い。
フォアグラは主張控えめ。俺にはちょうどよかったけど。

パリオランジュ200910前菜パスタ
なお、こちらは連れの注文した手打ちパスタ。

うどんみたいな太くて、コシのあるトマトソースのパスタ。
上には万願寺唐辛子と、万願寺唐辛子とスパイスのペースト。
ペーストとトマトソースがよく絡んで、スパイスのアクセントが効いていて、かなり美味しい。
他のイタリアンも危うし、と思うくらいだった。

パリオランジュ200910蝦夷鹿赤ワイン煮
蝦夷鹿の赤ワイン煮。
金沢の野菜達が添えられている。

とろっとろで、脂のりまくりの部分や、繊維質な部分など、様々な部位がしっかりボリュームで出てくる。
味は濃い目。
しかし、赤ワインによく合って旨し。


パリオランジュ200910ババ
デザートは、ババ。

確かアリババが好きだったといわれるデザート。

ラム酒の染み込んだパンケーキの上に、オレンジカスタード。
コニャックアイス、オレンジ果肉がしっかり入ったソースが添えられている。

香の高い、大人なデザートだった。


パリオランジュ200910コーヒー
最後に、コーヒーで締め。


以上と、グラスワイン×3で、二人で14000円いかないくらい。


アミューズから前菜、メイン、デザートまで、はずれがないどころか、あたりしかない。
本当に美味しい。
味付け、火入れなど完璧だし、この値段でこれだけの料理が食べられるのはコスパも高い。


かなりいいフレンチだわ。
再確認した。


→HP
  1. 2009/10/08(木) 00:00:24|
  2. パリ・オランジュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

スイスホテルの最上階でカクテルをちびちびと。

スイスホテルタボラ36
スイスホテルの最上階のバー、
「タボラ36」
で、最近ちょいちょいカクテルを飲んでいる。

ミナミの夜景を、「綺麗やな…」と見とれるんじゃなくて、
「あー、ミナミの夜やなあ。」としみじみ眺めながら。
  1. 2009/10/06(火) 00:00:21|
  2. 難波界隈
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

男も食べられる、「キムラ」のパフェ

キムラ フルーツパフェ
阪急三番街の、
「フルーツパーラー キムラ」で、フルーツパフェ。

ほとんどフルーツなので、男性でもぺろっと完食できるパフェだ。

瑞々しいフルーツ盛りだくさんで、
満足満足。

  1. 2009/10/05(月) 23:57:15|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。