fc2ブログ

本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

天王寺の居酒屋

天王寺で知人と飲むことになったので、かねてから行きたかったとある居酒屋へ行ってみることにした。

店内はほぼ満席で、ワイワイガヤガヤと賑やか。
店内で唯一空いていた、カウンターに座る。
カウンターは狭くて、隣のおじさんと肩を触れ合いながら注文する料理を探すことになった。
壁に掲げられた料理はどれも安く、旨そう。
狭苦しいけど、料理がおいしければいいや、と注文したのだが……

何故か不機嫌な店員。
大声で呼ばないとこっちへは来ない。
料理名を聞きとれないと、「は?」みたいな表情でこっちを見る。
料理を頼んでいる途中に勝手に注文が終わったと思って厨房へ去っていく。
な、な、なんだ!?この接客は!!

不機嫌というか、むしろこっちの注文に対して怒りの表情まで浮かべている。
はいぃ!?なんで??むしろそっちの酷い接客にこっちが怒るところでしょ!!
俺はこめかみの血管が浮き出るのを感じながらも、店に入るや否や「こういう気を遣わない感じの雑多な雰囲気の居酒屋、好きやわ~」と久々に会った知人が言っていたのを思い出し、知人が気分を害してはいけないと思い、怒りが噴き出るのを必死で押さえた。

しかし、俺の隣のおっちゃんがおあいそするときに、俺の前ではかけらもその兆しが見えなかった、愛想の良~い微笑みを浮かべながら接客をしている店員の姿を見て、もはや我慢できなくなった。
まだ常連客しかいないような店ならわかるが、ここは一見客も結構多いはずだ。
なんやこの店員、一見客なんて来なけりゃいい、と思っているのか!?

料理は安くて旨い。
しかし、あかん!!
この接客に耐えながら食べるなら、全品100円だったとしてもまだ高いくらいだ!!

俺は知人には申し訳ないとは思いながら、まだ1時間も経っていないのに店を出ることにした。
(もっとも、その知人も実は内心でははらわたが煮えくりかえっていたらしい。俺よりも年上なので、ここは大人として堪えなくては、と怒りを噴出させるのを耐えていたらしい)


その後、以前ランチに行って美味しそう、という印象を抱いていた天王寺アポロビル地下2Fにある、
「魚市」で飲み直すことにした。

Image036.jpg
Image037.jpg
ホヤ貝、鮭児などを頼んで、日本酒をちびちび飲んだ。

この店はそのほかマンボウの肝、カラスミなど、珍味が多く、予想通り、なかなかいい店。
まあ安くはないけど、あのひどーい接客の店に比べれば、ずいぶん良かった。

→HP

スポンサーサイト



  1. 2009/03/28(土) 22:10:39|
  2. 大阪市内その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnedagourmet.blog64.fc2.com/tb.php/106-811a85e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)