fc2ブログ

本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

「ラ・ベ」の夜②

→前回記事

CIMG0313.jpg
オマール海老とイカ、マグロの炙り焼きのサラダ仕立て。

アメリケーヌソースがかかっている。
手前には、柑橘とオリーブオイルのソース。
それになんだろう……辛さと酸味の少ないトムヤムクンのような、
不思議な味のムース。
しかしそれにしても、ムースが多いな……若干飽きがくる。

アメリケーヌソースは控えめな量で、
柑橘系の酸味のあるソースが混じって爽やかになる。
そこに、やや癖のあるムースがアクセントに。
オマールエビもイカもマグロももちろん新鮮で、美味。

CIMG0318.jpg
ホワイトアスパラのスープ。
中央にはホワイトアスパラ、ベーコンと玉葱のムース。
クレソンの緑色の泡と。

口に入れると、まず舌につんっとクレソンの苦みが訪れてきて、
ホワイトアスパラとベーコン、玉葱の調和したうま味がやってくる。

CIMG0319.jpg
魚料理。

アイナメをソーセージのようにしたもの。
と、下に様々な貝が土台になっている。
そしてパセリのソースの海。

CIMG0320.jpg
肉料理。

メインは、ホロホロ鳥を低温調理したもの。
ふわっと柔らかい。
ホロホロ鳥ってパサパサしているイメージがあったけど、
しっとりしていて本当に絶妙な火入れ!!
へー、ホロホロ鳥ってこんなに旨くなるんだ。

左上にはベーコンで巻いたモモ肉。
こちらも絶妙の火入れ。

右上にはグリーンピースとトリュフ、フォアグラのソース。
周りにはサクッとしたタルト。
フォアグラのうま味とトリュフの香りがしっかりしていて、
グリーンピースの香りがすっと鼻を通る。
うんまい。

CIMG0321.jpg
日向夏のムースと梅酒のシャーベット。
ピスタチオが側面を緑色に彩る。

枝の部分もクッキー生地で食べられる。
爽やかな、甘酸っぱいムースを
薄いアメでコーティングしていて、
ぱりぱりした食感が楽しい。

CIMG0322.jpg
最後に、自由に選べる小菓子を、
頼みすぎる欲望と闘いながら選んで、
紅茶と飲みながらほっこりして、終了。


ややムース系が多かったのが気になったものの、
さすがにどれも美味しかった。
それぞれに料理に合わせていただいたワインも美味しかった。

しかし、このレストランは、
その料理の味よりも何よりも、
天井が高く、席間がゆったりとしていて、
まるでヨーロッパの宮殿の中のような豪華で落ち着いた空間を味わい、
それに質の高いサービスを受けることによって、
優雅さを味わえることにある。

支払ったお金は安くはなかったけど、
それらのすべてを味わえることを考えると、
決して高いとは思わなかった。


→HP
スポンサーサイト



  1. 2009/05/18(月) 23:51:01|
  2. 梅田周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

相変わらず皿がデカイんすねえ、ココ

設えとかサービスとかはいいでしょ?
本場に近いモンがある    かも(笑)


  1. 2009/05/19(火) 08:23:48 |
  2. URL |
  3. ほんぶちょ #JalddpaA
  4. [ 編集]

素敵なレストランおしゃれなお料理
楽しめますねホワイトアスパラのスープ 美味しそう
  1. 2009/05/22(金) 12:53:43 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集]

ほんぶちょさん:
コメントありがとうございます!

お皿、大きいですよね。
内装も接客も良かったです。
お高いので、僕には次はいつ行けるかはわからないですけど;


ryuji_s1 さん:
ホワイトアスパラのスープだけでなく、他の料理もおいしかったですよ。
でもこのレストランは何よりもやっぱり内装とサービスですね。
  1. 2009/05/24(日) 22:42:09 |
  2. URL |
  3. パサー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnedagourmet.blog64.fc2.com/tb.php/131-4689674f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)