fc2ブログ

本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

「竹酔」で満足おまかせコース

Image005.jpg
西天満。
領事館の裏あたり。
一軒の、和食の店がある。
「竹酔」だ。

何度かランチに行ったことのある店で、明るくて強烈な個性のあるおかみさんが強く印象に残っていて、俺の周りでは「おばちゃんの店」と呼ばれている。

西天満の和食の店は、夜はお高い店が多いので、なかなか行く機会がなかった。
この店も例外ではなく、夜に行くという発想がなかった。

が、この店でのあるランチの際に、定食が運ばれてくるのを待ちながら、
連れと「鱧を食べたいなー」という話をしていたところに、
おかみさんが、「鱧なら、是非、うちでどうですか!!」
と、特別価格で夜ごはんを提供してくれるとおっしゃってくれたので、
行ってみることにしたのだ。

おかみさんお勧めの、お任せコースを注文した。

竹酔 じゅんさい もずく
最初はもずく。
じゅんさい、とろろと、ちゅるっと食べる。
とろとろねばねばな一品だ。

竹酔 土瓶蒸し
次は、土瓶蒸し!!

この店に行ったのは、8月最初ころ。
こんなに早く、マツタケが食べられるなんて!

その中には、マツタケのほか、鱧や鶏肉など。
だしは美味しい。
香は、ちょっと弱めだったかな。

竹酔 刺身
刺身盛り合わせ。

なかなか豪勢。

鱧、さんま寿司、マグロ、イカ、鯛など。
特に鱧が半生で、かなり旨かった。

竹酔 トマトけんちん
店主が以前修業した店の師匠から、夢の中で教わったという、トマトけんちん。

大きいトマト煮、だしの利いた餡。
中にはひき肉が詰まっている。

すっきりした酸味が爽やかで夏らしい料理だ。

竹酔 茄子煮浸し トロロ芋 一味でピリリ
茄子の煮びたし。
とろろ芋と、一味でピリリ。

竹酔 黒ムツ
深海魚、クロムツの煮付け。

ぷるぷるしていて、コラーゲンたっぷり。
脂がしっかりのっていて、味わい深い。

結構腹が膨れてきていたが、ぺろっと余裕で完食できた。

竹酔 鮎 湯葉巻きひじきトロロ芋
鮎の塩焼き。

お腹の膨れた、大きな鮎。
テーブルに運ばれてくるのを見て、思わず顔がほころんだ。

身はほくほくだし、皮も内臓も美味。
添えられていたのは、ひじきと山芋の湯葉巻き。

竹酔 ちゃそば
次の一品は、ひょうたん型の器に入ってくる。

竹酔 ちゃそば2
中身は、茶そば。

コシがしっかりしていて、抹茶の香りがよく、旨かった。


最後に、夕張メロンで、締め。


いやー、美味しかった。満足、満足。

サービスしてもらったから、値段は言えないけど、あの値段でこの内容は、本当に信じられないくらいコスパがいい。

全体的に薄味で、素材は良く、丁寧で美味しい。

店主は、ずっと西天満で修業し、数年前にこの店を始めて、これからも西天満で和食をやっていくという。

この店を店主とともに切り盛りするのは、店主の奥さん。
至極元気で、積極的に店内を動き回って、ワイン片手に、お客さんと朗らかに語りあっている。

それに対して、店主はカウンターの向こうで、寡黙に、いつでも真面目な表情を崩さずに黙々と料理を作っている。

本当にいいコンビネーション。居心地の良い店だ。


竹酔
TEL 06-6362-8980
住所 大阪府大阪市北区西天満2-10-9
スポンサーサイト



  1. 2009/09/24(木) 02:04:51|
  2. 西天満~南森町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnedagourmet.blog64.fc2.com/tb.php/175-f923ae7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)