fc2ブログ

本音だグルメ2

大阪中心のグルメ!

2015年4月の食べ歩き

谷町九丁目の「そあら」へ。久しぶりに再訪。
相変わらず凝った和食が、リーズナブルに味わえる、良い店。
彩り豊かで、旬の食材もふんだんに使っていて、目にも舌にも満足度が高い。


前から噂に聞いていた、日本のクラフトビールの生ビールが沢山飲める、
中百舌鳥の「エニブリュ」で、10種類以上のビールを飲んだ。
ビールは他の酒に比べて、特に好みがばらばら。
ただ、慣れてくると変わった味が気になってくる。


阿倍野、あべのベルタの地下にある「さらむむ」という店で、
あじフライランチ。
身がふわふわで、分厚くてボリューム満点。
しらすが付いてくるのが満足度を増進する。
なかなかいいランチだったな…と思ったら、結構有名な店らしい。
夜がよさげだ。是非、夜行こう。

4月下旬、仕事で仙台へ行った。
前のりして、何軒かはしご。
いきなり行った店が「源氏」という居酒屋で、
コの字のカウンターのみの店。
至極趣のある、ゆるやかな雰囲気が流れるお店。
しかし有名になりすぎて、(我々も含めて)一見客が増えてしまって、
「すいません!」「すいません!」の声が店内に響き、それを受けてばたばたと動き回る女将さん。
1軒目に行ってしまって申し訳ない。
ゆっくり、1品と日本酒をちびちびやる、というのがこの店の使い方。
次はそのようにいたします。

その次は知人のおすすめの牛タンの店、
「味楽」。
薄めで、柔らかくてじゅわっとジューシーな牛タン定食を食べた。
ふむふむ、うまい。
厚めでぶりっとした牛タンが多いが、
薄めのやつもなかなかやね。

次は仙台駅の繁華街と逆の方角へ行き、1軒屋のビストロでさくっとワイン。

その次は、ビルの2階にある、女子的な内装の
「ノッテカルマ」というイタリアンへ。
仙台って、意外とフレンチやイタリアンの店がある。
しかも、そこそこリーズナブル。
店の人は食べるのが好きらしく、いろいろと店の情報を仕入れた。

次の日のランチは、仙台の駅ビルの地下の
「すし哲」という寿司屋で。
4,5000円ぐらいの特上の盛り合わせを頼んだ。
駅ビル地下という立地にしては、結構いい値段のランチになった。
しかし、どのネタも良く、シャリもバランス良い。
満足できる内容だった。

夜は仕事の懇親会であまり食べずに、
2軒目は穴子が売りの居酒屋、
「すが井」へ。
穴子刺身に、穴子あぶり、穴子の白焼きに、穴子の蒲焼き、穴子のもつ煮も。
珍しかったが、味はまあまあ、という印象。

その後、再び「ノッテカルマ」へ。
リーズナブルで、素材も良い。
夜中まで空いているので、使いやすい。
また仙台に行ったときには、寄ります。

仙台は全体的に成功して、満足度が高かった。
しかし、最終日、食べた有名な寿司屋の寿司には、がっかりだった。
〆がいまいちなのは残念…もう1回すし哲でもよかったかな。
とはいえ、仙台の印象は良かった。
また、食べ歩きに行こう。
スポンサーサイト



  1. 2015/06/17(水) 13:11:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honnedagourmet.blog64.fc2.com/tb.php/454-4cebdee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)